この先に待っているのは「戦争」 3ヵ国同時取材「嫌中」「憎韓」「反日」何でお互いそんなにムキになるのか?日中韓激しすぎる憎しみの連鎖

2014年01月27日(月) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

ネット上でもやはり、
〈愚かなカミカゼ政治!〉
〈安倍のウヨクノミクスを大混乱に陥れよう!〉
〈安倍を暗殺するヒットマンになる民族の英雄は誰だ?〉
〈朴大統領はいますぐ独島(竹島)へ直行せよ〉

などのコメントが並び、ナチス・ドイツの象徴カギ十字を背景に、ヒトラーよろしくちょび髭を生やした安倍首相が演説する合成画像まで広まった。

「反日」そのものが目的になった

こうした海外の反日言説に触れると、「そこまで言うか」と私たちも不快感を募らせてしまう。一方で、日本の側でも、耳を疑う過激な言葉で中国・韓国を罵る「ヘイトスピーチ」がまかり通っている現実がある。

〈糞チョンを一匹残らず叩き出せ〉

〈支那に人権感覚がないのは当たり前。だって支那人は人間じゃないからね〉

〈韓国男性には、親子姉妹、幼女、老婆、死体までが性的嗜好の対象になります〉

インターネット上だけでなく、デモを行ってこうした言葉を韓国系住民が多い地域で叫ぶ「ヘイトデモ」も、ここ数年、行われるようになっている。

なぜ、日中韓とも国民がこれほどまでにムキになって他国を憎み合う事態になってしまったのか。

まずは中国の事情を見てみよう。中国を拠点に活動するITジャーナリストの山谷剛史氏は、こう話す。

「中国でネットを使うのは40代以下の人々ですが、いま30~40代の人々は、江沢民時代の非常に反日色の強い教育を受けてきた世代であり、『日本は鬼だ、悪魔だ』と刷り込まれている。それで中国のネット世論は反日一色に見えるんです」

産経新聞中国総局の矢板明夫特派員は、さらにこんな裏事情もあると解説する。

次ページ 「現在の習近平政権は、中国の『…
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事