いま一度、戦慄せよ!『桶川ストーカー殺人事件-遺言』

レビュアー:東 えりか

年末『殺人犯はそこにいる』を読んで、足元からじわじわと滲み込んでくるような恐怖を感じた。もし、この本に書かれていることが本当なら、いや、本当にしか思えないのだが、幼女連続殺人犯は今ものうのうをと暮らしていることになる。日本の警察は世界一だ、と言われたのはいつの時代だっただろう。そしてマスコミは、事件記者は、いまどんな規範で動いているのだろう。

著者の清水潔の名前を見て、あれっと思った人はかなりのノンフィクション好きだ。彼は、ある事件の犯人を警察より早く見つけ、その上警察の不祥事までを暴き出した、伝説の記者である。事件とは「桶川ストーカー事件」。この事件が発端となりストーカー規制法が制定されたのはひろく知られているだろう。

当時21歳の女子大生が埼玉県桶川駅前で、白昼、ナイフに刺され命を落とした。当初、通り魔の犯行とみられていたが、この女子大生は執拗なストーカーに狙われており、両親とともに所轄の上尾警察に相談に行っていたことが後に判明する。記憶に残っている人も多いだろうが、知らない方は事件経過を確認してほしい。

当時「FOCUS」の記者であった著者は、1999年10月26日の事件発生当時から関わりを持った。最初は一介の記者だったはずだ。しかしあることから、彼と行動を共にする同志はこの事件の解決にのめり込むことになる。本書はその一部始終を余すことなく書いている。

私は当時、「FOCUS」の記事が大評判になったことで雑誌の段階から読んでいた。最初はいわゆる「飛ばし記事」のような扱いだったものが、日を追うごとに真実になり、手を下した犯人の逮捕、彼らに命令したと思われる真犯人の死体発見、その後の埼玉県警上尾警察署の不祥事と、怒涛のような報道にただ驚いているばかりだった。

2000年10月、本書が単行本で出た際に読み、清水記者とその仲間の一連の行動を知って、警察とは市民にとってどういう存在であるべきか、マスコミが知らせるべき真実とは何か、一般の人が報道に対して気を付けなければいけないことは何かを考えさせられたのだ。

本書の反響は大きく、日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞を受賞している。

新年第1回目のHONZ朝会で『殺人犯はそこにいる』の話題になった。欠席者も多かったが、なんとメンバーのうちで10人以上読んでおり、それぞれが違う側面からレビューを書きたいという希望を持っていた。確かにこの本を読むと誰かに知らせたい、なんとかしたい、という気持ちにさせられる。