[サッカー]
ブラジルで単身挑むフットボーラー、須藤右介(前編)

写真提供:須藤右介

 今年、W杯が開催されるブラジルでプレーする日本人フットボーラーがいる。須藤右介、27歳。日本では名古屋グランパス、横浜FC、松本山雅FCでプレーした。JFL時代の松本では11年シーズンにキャプテンとしてJ2昇格に貢献。ポジションはボランチで、時にはセンターバックを務めることもある。須藤は12年シーズン限りで松本を退団。13年はブラジルに渡り、ベルナンブーコ州サルゲイロにある「サルゲイロAC」でプレーした。実は、須藤は13年も松本との契約が残っていた。彼は契約を自ら解除して、ブラジルに渡ったのだ。なぜ、須藤は安住の地を離れ、地球の裏側でプレーすることを選んだのか――。

安定よりもロマンを求めて

 12年シーズン、須藤はリーグ戦で2試合の出場にとどまった。自分では好調と感じていたが、出場機会には恵まれず、出ても出場時間は多くなかった。練習ではレギュラーと控え組は別行動となることもあり、「どうアピールすればいいんだろう」という悩みを抱えていた。
「12年はなかなか表舞台に出られないような状況でした。翌年も同じチーム体制でいくことが決まっていたので、いいプレーをしてレギュラーを掴んでやろうという気持ちもありました。しかし、正直、難しいんじゃないかな、という思いもあったんです。自分に少し自信がなかったということですね……」

 その中で須藤にはある考えも浮かんでいた。
「ある程度の歳を重ねてきた今の自分には、もっと見える世界があるんじゃないか、と思ったんです。国内で安定したお金をもらいながらプレーするのもひとつかもしれませんが、ロマンを追いかけるというか、日本と違ったところでサッカーを見て、そこで結果を残したいという気持ちになったんでしょうね」

 12年シーズン最終節が終わって間もなく、須藤は松本のGMに契約解除を申し出た。
「違う世界も見たいので、海外に行きたいんです。契約も1年残っていますけど、解除させてください」
 チームは須藤の申し出を受け入れ、彼との契約を解除した。

 同時期、須藤は契約する代理人に、海外でプレーしたいと告げていた。
「僕は南米のサッカーが好きなので、どこか南米のリーグに行きたいと思っていたんです。ちょうど、代理人も南米に強いパイプを持っている方だったので、南米のチームを探してほしいとお願いしました。すると代理人は『わかった。ちょっと当たってみるから、少し待ってくれ。でも、日本よりは格段に収入も減るし、航空代をチームが肩代わりしてくれるかどうかも交渉次第だよ』と。それから松本と契約を解除した後、1カ月ほど待っても連絡はありませんでした。さすがに不安になりましたね。『契約解除するんじゃなかったかな』って(笑)」

 翌年の1月に入ってようやく連絡が来た。紹介されたのは、ブラジルのチームだった。しかし、そのチームはブラジル全国選手権に所属していなかった。ブラジルのサッカーには主要なタイトルが3つある。ブラジル全国選手権、州リーグ、日本の天皇杯に当たるコパ・ド・ブラジルだ。全国選手権では文字通り、ブラジル全土のチームが、1部から4部のディヴィジョンに分かれて、それぞれの頂点を決める。州リーグは、同じ州内のチームで行うリーグでブラジルにある27すべての州にリーグがある。須藤が紹介されたチームは州リーグだけに参加しているため、全国選手権のように州以外の強豪と戦う機会はほとんどない。須藤は「もう少し上のレベルの環境でプレーしたい」と代理人にリクエストした。

 2月になり、再び代理人から連絡が入った。またしてもブラジルのチームを紹介された。
「『ヘルナンブーコ州のサルゲイロという街のチームだ』と言われて、州は知っていましたけど『サルゲイロってどこ?』と思いましたね(笑)。調べてみると、すごく小さな街なんですが、サッカー熱が熱いということがわかりました。ACサルゲイロの試合には、街の人々がみんな集まるんです。全国選手権にも所属していましたし、サルゲイロに行くことを決めました」
 2月20日、須藤は「ロマン」を求め、ブラジルへ飛び立った。