[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「2年目・福岡は先発で飛躍を」

新人・浅田(神戸国際大)も先発候補

 今季の徳島は昨季から大幅にチームが入れ替わります。投手では山口直紘、岩根成海、野手では大谷龍次、神谷厚毅といった主力が退団しました。オリックスから育成選手として入団する東弘明もいません。独立リーグは選手にとって最終ゴールではありませんから、メンバーが変わっていくのは、ある意味で宿命です。

 チームづくりをする上で、まず先発投手の確保は重要になるでしょう。その第一候補として期待しているのは2年目の福岡一成です。昨季は主に中継ぎで22試合に登板し、防御率2.01とまずまずの結果を出しました。

 彼の武器は伸びのあるストレート。先発でもこれをアピールするには、ストレートを生かす変化球の習得が欠かせません。現在、使える変化球はスライダー程度ですから、長いイニングを抑えるにはフォークなどの落ちるボールが必要になるでしょう。得意のストレートを磨くことはもちろん、幅を広げてワンランク上を目指してほしいと考えています。

 新人では3位指名した浅田俊平(神戸国際大付高-神戸国際大)が先発の一角に入ってくるかもしれません。トライアウトで見た際、冬場の悪条件でも140キロ近いストレートが放れる点に惹かれました。身長は176センチながらマウンド上で大きく見え、体の使い方も悪くありません。本格派として育てられるのではないかとみています。

 もちろん、実際のキャンプ、オープン戦を経て、構想は変わるでしょう。海外トライアウトで獲得したダニー・フェルナンド・クルスも長いイニングを投げられ、クイック投法もできるピッチャーだと聞いています。場合によっては中継ぎエースの入野貴大を頭に持ってくることもあるかもしれません。入野にとっても今季はドラフト指名を賭けた勝負の年。どのような起用法がプラスになるのか、本人とも相談したいと思っています。