[BCリーグ]
富山・野原祐也プレーイングコーチ「指導者としても不可欠な好成績」

 富山サンダーバーズのプレーイングコーチとして、2シーズン目を迎えることとなりました。昨季はコーチ、選手の両面で頑張っていこうという気持ちでスタートを切ったものの、どちらも満足のいく仕事をするところまでには至りませんでした。今季は指導者としても、プレーヤーとしても、納得できるシーズンにしたいと思っています。

 昨季、選手としての成績は71試合に出場し、打率3割3分、77安打、20打点、3本塁打、36盗塁でした。正直言って、自分としては物足りない数字です。リーグ最多の盗塁を除いて、打率、打点、本塁打すべて、もう少し高い数字を残さなければいけなかったと反省しきりです。NPB復帰には、普通の成績ではなく、突き抜けた成績が必要だと考えているからです。

 昨季はスタートがあまりにも悪すぎました。タイミングがまったく合わなかったのです。その理由のひとつはストライクゾーンの広さにありました。NPBよりもBCリーグはストライクゾーンが広いということをすっかり失念していたのです。もうひとつは、練習不足だったことも否めません。いつもならタイミングを外されても、下半身で粘って打つことができましたが、すぐに軸が崩されてしまっていたのです。

 練習不足になってしまった要因は、初めてのコーチ業との両立がうまくできていなかったことにもありました。というのも、「コーチとして、ちゃんとやらなければ」という気持ちが強過ぎてしまい、空回りしてしまっていたのです。しかし、シーズン途中、進藤達哉前監督に「そんなにコーチらしくしなくても大丈夫」と声をかけてもらったことで気持ちが楽になり、徐々に調子を取り戻していくことができました。今季、新しく就任された吉岡雄二監督にも「コーチだからではなく、選手と同じ目線でやってくれていいから」と言っていただいているので、今季はスタートからダントツの成績を出し、シーズンを通して活躍したいと思います。

 僕自身が選手として活躍することは、指導者としての自分にとっても非常に重要になります。昨季、初めてコーチに就任したということで、僕はこれから自分と同じようにNPBを目指している選手たちに、これまで自分が経験したこと、以前のサンダーバーズ時代にはどういうことを取り組んできたのか、ということをすべて伝えてあげたいと思っていました。ところが、自分自身の成績が良くない中で躊躇してしまい、なかなか選手たちにアドバイスすることができなかったのです。それでは選手たちにも良くないばかりか、自分自身の成長を止めてしまいます。今季は選手としてきちんと成績を残し、コーチとしてもしっかりと指導やアドバイスをしていきたいと思っています。