賢者の知恵
2014年07月11日(金)

林千晶×横田響子×小林麻実×堀潤【前編】 「教育的・情報的な『常識』があるから、女性のエリートが育たない」

upperline
昨年11月25日に発売されたクーリエ・ジャポン特集「『世界で働く』ってこんなに楽しい」と連動したニコニコ生放送【2020年の自分へ】が、12月14日(土)に開催された。総合司会に堀潤氏 (元NHKアナウンサー)を迎え、第2部は「アベノミクスがもたらすのは女子革命!? -2020年の女性立国しごと論-」をテーマに、横田響子氏(株式会社コラボラボ代表)、林千晶氏(株式会社ロフトワーク共同創業者)、小林麻実氏(アカデミーヒルズ六本木ライブラリーアドバイザー)という論客3名が熱く語った。
*アメリカ大使館×クーリエ・ジャポン 2020年の自分へ─「働く」をデザインする時代に向けた怒濤の5時間生討論(リンク先はニコニコ動画)

第1部はこちら

堀潤氏

堀: 第2部はアベノミクスの成長戦略のひとつにも掲げられている「女性の活躍」というキーワードで進めていきたいと思います。日本経済成長のエンジンとしてはまだまだ。世界的に見ても、女性が活躍していると言える状況は、もたらされていません。

たとえば管理職の方が少ないとか、起業家の方が少ないとか、これはOECDの担当の方に聞いた話ですけれども、女性が高等教育を受けて、しかも理系のさまざまな技術を身につけた女性たちが、企業の中で自分たちの能力を生かした場にきちんと就職しているケースは非常に少ないと言われています。女性の能力はとても高いのに、その能力をちゃんと生かされていないのが現状である、ということは以前におっしゃっていました。

今日は、最前線で活躍する皆さんにお越しいただいています。よろしくお願いします。あらためてご紹介していきましょう。

株式会社コラボラボの代表として、女性起業家のネットワークづくりに取り組んでいらっしゃいます、横田響子さんです。よろしくお願いします。コラボラボは具体的にはどんな事業を行っているのでしょうか?

横田響子氏

横田: 女性1500社ほどのコミュニティのサポートをさせていただいて、毎年女性300人が集まるイベントをやらせていただいています。

堀: 女性起業家の勢いはどうですか?

横田: 元気ですよね。リーマン・ショック後に世の中暗いなあと思っていて。女性が集まったら華やかだろうなと思ったんです。実際、開催したイベントには、メディア関係の方もたくさん来ていただいて・・・。

堀: そうなんですよね。僕がNHKでやっていた番組でも取材させていただいて。

横田: ありがとうございました。今年は女性社長の元気と大企業をイノベートして変えていきたいという方とマッチングするイベントを1月にやります。

堀: 1月となると、もうすぐですね。現在、国の成長戦略として、女性の成長をうながす形がとられていますけれども、その実感はありますか?

横田: 息切れしない程度にこの後押しを受け入れて、私たちの場ができるといいなあと思っています。後退しなければいいなと。

次ページ 堀: 具体的な話はまたのちほど…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事