[陸上]
白戸太朗「チャリティ枠はお金持ちだけのもの!?」

「東京の2月と言えばマラソン!」。来月で8回目を迎え、すっかり都市マラソンの顔になった東京マラソン。間違いなく国内で最も有名で、最も多くのスポンサーが集まるマラソンレースである。そしてなにより、この大会のおかげで、日本でも各都市の中心部でマラソンが開催されるようになったといっても過言ではない。それまで人様の邪魔にならぬよう、人口の少ない地域、交通に支障が出ない地域で開催されていたマラソンが、一般市民参加レースでさえ都市部に進出するようになった。東京マラソンは、日本マラソン界の歴史を変える大きな一歩となったといえるだろう。

 実は、もうひとつ東京マラソンでは国内で初めての試みにチャレンジしていることがある。それがチャリティ枠の参加者募集だ。2011年、高まる参加熱に、海外での先行例を参考に作ったのだ。だが、当初から「金持ち枠」と揶揄され、「金で解決するのか」などと快く受け取られていなかった。

 そのため、エントリー数も思ったほど伸びていないのが実情で、開始年で707人。4年目となった今回は2590人(定員は3000人)と主催者の予想を未だに下っている。周りのランナーに聞いても、「なんだかお金で解決するようで……」「マラソンに10万円は出せない」というネガティブな意見が多い。どうも本来の趣旨が伝わっていないようなのだ。

まだまだ定着していない日本の「チャリティ」

 チャリティとは辞書によると、<慈善。慈善の心や行為。特に、社会的な救済活動をいう>(デジタル大辞泉)。つまり、チャリティマラソンは走ることと、慈善活動を結んだ美しい行為のはずだ。

 海外マラソンではすでに当たり前になっており、ロンドンマラソンなどでは、81年の創立当時から10年までの30年間で集められた寄付金の総額は、4億5000万ポンド(約607億円)にも上るという。一般的なチャリティ枠はおおよそ20万円程度。マラソンのエントリー料金としては相当高額である。にもかかわらず寄付を集められているのは、人が走ることにチャリティを結び付け、走る意味付けを上手く作っているからだろう。

 だが、日本人にはチャリティだとしても高額だという感覚なのではないか。世界的にはこれだけ定着しているチャリティマラソンが、まだまだ日本では受け入れられていないのが現実なのだ。

 日本人にとっては「お布施」とか「寄進」というと、違和感なく受け入れられるのに、「寄付」や「チャリティ」と言った途端にウサン臭いものにとられがちだ。これは宗教観の違いが大きいと思われるので、ある程度は理解できる。しかし、これだけ国際化され、情報も得られる世の中で、感覚論だけがまかり通っているのは少々寂しい。

 一層のこと、マラソンも「布施枠」とか「寄贈枠」などと名称変更するというのはどうだろうか。しかし、言葉でなく実態を見極める目を各々が身に付けなければ、無駄なお金を払ってしまうか、疑心暗鬼になって生きることになってしまう。今の状況はまさに「チャリティ」に疑心暗鬼になり過ぎているのだろう。残念なことである。