ブルーバックス
『入門者のJavaScript』
作りながら学ぶWebプログラミング
立山秀利=著

メニューページはこちら

手順通りに書いて動かすだけで、
自然とJavaScriptが身につく!

はじめに

●JavaScriptは多くの人にとって身近なもの

 JavaScriptはWebページ作成に使われるプログラミング言語のひとつです。「Java」と名前は似ていますが、別のプログラミング言語です。Javaの略称でもありません。まず、この点を念頭に以下をお読みください。

 JavaScriptのことは何も知らないかもしれませんが、実は意外と身近なものです。日頃インターネットでWebページを見ていれば、何かしらJavaScriptに触れていることになります。JavaScriptが使われているWebページでは、閲覧する人の操作に応じて、部分的に表示内容を変更したり、操作の内容を判定したりできるなど、さまざまな仕組みを備えています。

 具体例をあげると、見出しにポインターを重ねると隠れていたメニューが出てきたり、ポインターを重ねた部分の色が変わったりする仕組みです。また、画像をクリックすると、ズームインするように拡大表示される仕組みや、会員登録などのWebページで、未入力欄を残したまま登録ボタンをクリックすると、「○○欄が未入力」とメッセージが出る仕組みなども、JavaScriptで作られています。これらのいずれかを体験したことがあるのではないでしょうか。

 一方、JavaScriptを使わないWebページでは、文字列や画像が単に表示されるだけです。閲覧する人が行える操作は、リンクやボタンをクリックしてWebページ全体が切り替わることが中心という、動きのないものになってしまいます。

 JavaScriptは大手企業の公式サイトやサービス、個人のブログなど、多くのWebページで利用されています。今後も用途はさらに広がり、需要はますます高まるでしょう。本書では、そのJavaScriptの使い方を、知識・経験ゼロの方でも理解できるよう、丁寧に解説していきます。

●ゼロからどうやって学ぶのか

 プログラミング言語の学習には、いくつかハードルがあります。ハードルを越えていくために重要なのは、一気にいくつも学ぶのではなく、一歩一歩確実に学んでいくことです。本書では、1つの作例を用い、その完成を目指して、ゼロから少しずつプログラムを書いては動作確認するパターンを繰り返し、段階的に作り上げていく方法で解説します。その過程で、JavaScriptの基礎を順番に学んでいきます。

 あわせて、入門者向けのプログラムの書き方で学ぶことも重要です。1つの機能を実現するプログラムの書き方は、何通りかあります。本書では、あえて学ぶ方にとってわかりやすい書き方で、まず作例をひと通り完成させます。

 その後、処理速度や、あとあとの機能追加・変更のしやすさなどを考慮した、より効率のよい書き方に変更します。このように本書はゼロから学ぶ「入門者」の立場で構成されています。