現代新書

佐藤健太郎「歴史を変えた医薬品」
第9回 サルファ剤と二つの世界大戦

未曾有の大戦

 今からちょうど100年前の1914年6月28日、サラエボの街角を走る一台の車が、曲がるべき角をひとつ間違えたことが、全ての発端であった。その場に居合わせた19歳のセルビア人学生ガブリロ・プリンツィプは、偶然に現れた車上の二人が誰であるかを悟ると、駆け寄って素早く彼らに1発ずつの銃弾を浴びせた。それぞれ首と腹を撃ち抜かれた二人は、数十分後に息を引き取る。犠牲となったのは、オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公と、その妻ゾフィーであった。

 ここから事態は、予想もつかない速度で拡大する。皇位継承者を失ったオーストリアは、報復としてセルビアに宣戦布告。セルビアの後ろ盾であったロシア帝国が支援を約束すると、ドイツ、フランス、イギリスが玉突き式に参戦を発表する。やがてこの流れにトルコ、日本、アメリカも巻き込まれ、世界を覆うほどの大戦争へと発展していった。サラエボでの車のちょっとした迷い道は、人類に未曾有の惨禍をもたらすこととなったのだ。

 この戦争―すなわち第一次世界大戦では、化学兵器や戦車などの最新兵器が投入されたため、それまでの戦争と比べて人的被害が桁違いに甚大なものとなった。研究者によって数値は異なるが、戦死者の数は両陣営合わせて1000万人を下らないと見られる。

戦場の見えない死神

 第一次世界大戦での戦闘における死者数に関して、見逃されがちな数字がある。傷口からの感染症で死亡した者が、砲弾などで直接傷を受けて亡くなった兵士と、同じ程度に上ったのだ。

 もともと、戦場に感染症はつきものであった。疲労で体力が低下し、激しいストレスにさらされた兵士が、不衛生な環境に密集して置かれるのだから、感染症が蔓延しない方が不思議なくらいだ。

 戦場における感染症の最も古い記録は、紀元前431年に始まったペロポネソス戦争における「アテナイの病気」の流行だ。籠城戦術でスパルタに対抗していたアテナイの街を感染症が襲い、人口の3分の1が失われるほどの被害をもたらしたのだ。古代屈指の政治家であったペリクレスもこの病気で落命し、アテナイは降伏を余儀なくされた。この病気は、かつてはペストと考えられていたが、近年の研究では天然痘または発疹チフスの可能性が高いとされる。