[ボクシング]
杉浦大介「2014年上半期、3大注目ファイトを占う」

商品価値を回復し、さらなるビッグマッチに繋げるため、次戦はパッキャオにとって極めて重要な意味を持つ。

 マニー・パッキャオ、フロイド・メイウェザー、ノニト・ドネアという3人の人気ボクサーが、2014年上半期にビッグファイトに臨むことが確実となっている。まだ対戦相手は未定だが、4~5月に彼らが次々とアメリカのリングに登場することになりそうなのだ。

 無敗街道を行く最強王者メイウェザー、まさかの2連敗後に再起を遂げたパッキャオ、昨年は停滞の1年となったドネア。置かれている状況はさまざまだが、今年の初戦がそれぞれにとって重要であることに変わりはない。今回は3人の相手候補を吟味し、試合の背景、今後のプランを占っていきたい。
 

峠を越えたパッキャオに問われる真価

4月12日 ラスベガス
マニー・パッキャオ(フィリピン/55勝(38KO)5敗2分)
vs.
ティモシー・ブラッドリー(アメリカ/32勝(12KO)無敗1無効試合) or ルスラン・プロボドニコフ(ロシア/23勝(16KO)2敗)

マカオでのリオス戦は圧勝したものの、普段より慎重な戦いぶりだった。

 昨年11月、ブランドン・リオスに勝って連敗をストップしたパッキャオの次戦の相手は、ブラッドリーかプロボドニコフにほぼ絞られたと言われる。この2人のうちでは、2012年に“疑惑の判定”で敗れたブラッドリーが本命。当時からの因縁に加え、昨年10月にブラッドリーがパッキャオの宿敵ファン・マヌエル・マルケスに判定勝ちを収めたことなどから、このリマッチはアメリカ国内でも話題を呼ぶ一戦となるだろう。

 問題は、ブラッドリーはかねてから自身の商品価値を過大評価している感があること。実力派ではあっても人気選手ではない30歳が法外なファイトマネーを要求し、パッキャオ戦の交渉は難航しているという噂も聞こえてくる。

 その場合には、現代の激闘王として名を売りつつあるプロボドニコフが有力候補として浮上する。通称“シベリアのロッキー”はパッキャオの元スパーリングパートナーであり、2人は友人同士。フレディ・ローチが両選手のトレーナーを務めていることもあり、最適の相手ではないと言われてきた。しかし、プロボドニコフはとにかく打ち合いを好むだけに、パッキャオ戦が実現すれば試合内容の面白さはお墨付きとなるだろう。

 いずれにしても、確実に全盛期は過ぎたパッキャオにとって、どちらが相手でも容易なファイトにはなるまい。ブラッドリーには今度は本当にアウトポイントを許しても、プロボドニコフには徐々に打ち負けても、特に驚くべきではなさそう。ただ、逆に言えば、この厄介な2人のどちらかを印象的な形で下せば、やや目減りした商品価値を再び回復させることができるはずだ。

注:1月上旬、昨年5月にフロイド・メイウェザーに判定負けを喫した元4階級制覇王者ロバート・ゲレーロが、所属していたゴールデンボーイ・プロモーションとの契約を破棄したがっているという報道がなされた。これが成立した場合、急転直下でパッキャオの次戦相手候補に躍り出るシナリオも考えられる。