浅田真央と髙橋大輔ダブルで「金メダル」が見えたッ!ソチ五輪に大喝采!
強いニッポンの「2014年」が丸ごとわかる【後半第1部】 
打倒キム・ヨナに燃える〔PHOTO〕gettyimages

史上最強メンバーで挑むソチ五輪。浅田真央がトリプルアクセルを跳び、髙橋大輔が華麗なステップで観客を魅了する。日本のフィギュア界を引っ張ってきた二人が有終の美を飾るための条件とは。

真央はもう決めている

跳ぶのか、跳ばないのか。

跳べるのか、跳べないのか—。

日本フィギュア女子のエース・浅田真央(23歳)が金メダルを取れるかどうかは、そこにかかっている。

ジュニア時代から浅田と鎬を削ってきた、元フィギュアスケート選手の武田奈也氏が言う。

「浅田選手の子供の頃からの口癖は『ジャンプが跳べないと、他の演技にも影響が出てくる』でした。浅田選手の演技はジャンプが基本、これはもう本人の身体に染みついている。

ソチでのポイントは、もちろん浅田選手の代名詞、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)。今シーズンはまだ(跳べたと)認定されたジャンプはないですが、オリンピック本番で決められるかどうか。それが結果を分けるでしょう」

開幕までいよいよ1ヵ月となったソチ五輪。日本勢でもっともメダルが期待できるのが、男女フィギュアスケートだ。