[裏方NAVI]
渡辺啓太(全日本女子バレーボールチームアナリスト)<前編>「ロンドン五輪、銅メダルの舞台裏」

 2012年8月11日、全日本女子バレーボールの歴史に輝かしい1ページが刻まれた。ロンドン五輪3位決定戦、最大のライバル韓国相手にストレート勝ちを収めた全日本女子は、1984年ロサンゼルス五輪以来、実に28年ぶりとなるメダル(銅)を獲得した。ひとり、またひとりとコートの中央に走りより、12人の精鋭たちが喜びを爆発させるその歓喜の輪の中に、満面の笑みを浮かべる彼の姿があった――。全日本初の専属アナリストとして、女子チームを支えてきた渡辺啓太だ。

迫田先発起用のきっかけ

「明日のスターティングメンバー、どうしようか」
 韓国との3位決定戦を翌日に控え、眞鍋政義監督はそう言って話を切り出した。セッター竹下佳江、ミドルブロッカーは大友愛と荒木絵里香、ウィングスパイカーは木村沙織と新鍋理沙。そしてリベロ佐野優子。ここまではかたまっていた。指揮官が頭を悩ませていたのは、3人目のウィングスパイカーだった。江畑幸子か迫田さおりか……。どちらも全日本女子にとって欠かせないカードだけに、最終決断には時間を要した。

「これまで通り江畑のスタートでいいんじゃないかと思うんだけど、どう? 昨日のブラジル戦(準決勝)には負けたけど、ここまで十分に結果を出しているし」
 眞鍋監督はそう言って、スタッフに意見を求めた。
「私も江畑でいいと思いますね」「そうですね、やっぱり江畑かなぁ」
 各部門のコーチ陣は、概ね指揮官と同じ考えだった。準々決勝の中国戦ではエース木村とともに両チームで最多の33得点をマークするなど、大車輪の活躍を見せていた江畑は、誰から見ても好調だった。

 だが、実際に眞鍋監督がスターティングメンバーに選んだのは、江畑ではなく、迫田だった。それは、あるひとりのスタッフの意見がきっかけだった。渡辺である。
「データからは何かある?」
 いつものように、眞鍋監督は最後にこう渡辺に問いかけた。すると、渡辺から挙がったのは“迫田起用”の案だった。理由は過去のデータに基づかれた、韓国との相性の良さだった。
「これまでの対韓国戦のデータを見ると、迫田選手が残しているパフォーマンスは極めて高いものでした。江畑選手と比較しても、韓国戦に関してはアタックもブロックも、完全に上回っていたんです」

 実際、3位決定戦で迫田は期待以上の活躍を見せた。相手サーブの集中砲火を浴び、なかなか攻撃に参加できないエース木村に代わり、迫田はサイドからバックから次々とスパイクを叩きつけ、チーム最多の23得点を挙げた。23得点目はマッチポイントで木村がサーブレシーブを上げ、ネットから遠く離れたボールにキャプテン竹下が飛びつきながら上げた2段トスを打ち抜いてワンタッチを取った、歴史的快挙の瞬間の得点だった。

 アナリストの冷静な分析が、大一番での快勝の誘因のひとつとなったことは間違いない。だが、渡辺はあくまでも裏方としての姿勢を崩さない。
「ロンドン五輪に入ってからの江畑選手の活躍は本当に素晴らしかったし、あの時の迫田選手のコンディションがどれくらい上がっていたかを見極めることも必要でした。だから過去のデータが全てではありません。アナリストとして数字から見える情報を監督に伝えるのが僕の役目。それを果たしただけのことです。言うまでもなく、最後に迫田選手の起用を決めたのは眞鍋監督です」