【文部科学 その6】イノベーション人材の輩出を!
〔PHOTO〕gettyimages

竹中平蔵氏と、テレビ番組「ニッポン未来会議」で議論した際、竹中氏は英「エコノミスト」誌が出した『2050年の世界 英「エコノミスト」誌は予測する』を引用して、こう述べられた。

「日本が世界で生き残るためには、世界におけるシュンペタリアン競争を日本がリードする存在でなければならない」。さもなければ「一人当たりGDPで中国とそれほどの大差はなくなり、アメリカや韓国の半分程度と、もはや先進国とは言えないレベルに落ち着いてしまう」と言う。だが、希望もある。「労働層の付加価値を高めることで、労働者一人で多くの高齢者を支えられるようになるかもしれない」。

つまり、人口が減少する中、日本の存続を決めるのは、付加価値を高めるイノベーションによるということだ。社会を進化させるのはイノベーションである。イノベーションのない社会は衰退していく。

言うまでもなく、イノベーションの源泉は「人」である。戦後日本の高度成長は、ホンダの本田宗一郎やソニーの井深大といったイノベーターによって成し遂げられた。

ところで、イノベーションとはなにか。これはもちろん、技術の「革新」だけにはとどまらない。ビジネスモデル、文化、社会、いかなる分野にもあり得るものだ。基本的には、常識を疑い、「違うもの、異質なものを組み合わせて新しいものを創ること」である。いわば「破壊と創造」の繰り返しだ。したがって、最も大事なことは、先入観にとらわれない「自由」な発想を持つことである。

そのイノベーター人材の中で、今の日本で深刻なのはイノベーションに必要な理工系人材の量的・質的不足だ。


上のグラフは、日本における工学部受験者数の推移だ。理科に対する子供の興味・関心の低下、大学における理科系学部志願者の減少など、「理科離れ」の深刻さは指摘されて久しい。日本の将来の成長に向けて大きな危機感を抱かざるを得ない。

また、今後は「理工系」の枠組みを離れた学際的なイノベーションができる力や、更にはプログラミング能力も必要となろう。今回の「100の行動」文部科学6では、イノベーション人材の育成に関して提言を行いたい。