[サッカー]
田崎健太「きっかけはアベランジェ ~伝説の代理人vol.1~」

アベランジェとの二度目の取材の後。このときは機嫌を直している

 取材とは、題材との格闘である。
 強靱な肉体を持ち、尽きることのない力を持つ相手と対峙することは快感である。こちらも負けじと持てる全ての力を出して対抗する――。
 時に、格上の相手とぶつかることもある。そうした取材をしているとき、指を高みに伸ばし登っていくような気になるものだ。

突然の取材許可

 2006年に上梓した『W杯30年戦争』(新潮社)は、そうした本だった。
この本の主人公は2人いる。電通のサッカービジネスの中心人物だった高橋治之氏とブラジル人のジョアン・アベランジェ前FIFA(国際サッカー連盟)会長である。

 取材は、95年1月、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロでアベランジェに話を聞いたことから始まった。この時、日本と韓国はW杯招致を巡って激しいつばぜり合いをしていた。サッカー界に強い影響力を持つアベランジェの意向はW杯開催地に大きな影響を及ぼすと言われていた。どうしても会ってみたい男だった。

 たまたまこの時期、ぼくはジーコの取材でブラジルを訪れていた。断られるのを承知で、アベランジェの秘書に取材をしたいという伝言を託しておいたのだ。
 すると秘書から「1分間という条件で取材を受ける」という連絡があった。今からすぐに事務所に来いという。リオの海岸沿いのホテルから車を飛ばして旧市街まで、30度を超える蒸し暑い空気の中を走った――。

 古いビルの一室で会った彼は饒舌だった。取材は1分では終わらなかった。内容は大したものはなかった。ただ、彼がいかにサッカーを愛しているのか、日本がW杯開催地に適しているのかというありふれた話だった。それでも、ぼくはアベランジェに会えたというだけで満足していた。

 帰国すると、日本のW杯招致委員会から「アベランジェ取材の内容を教えて欲しい」という電話が入った。アベランジェがわざわざ日本の招致委に取材を受けたと連絡を入れていたのだ。アベランジェが日本開催を支持しているというメッセージを招致委に伝えるために、ぼくは使われたのだ。

 当時、ぼくはまだ20代半ばだった。この仕事は自分の手に余る、というのが正直な感想だった。サッカーは巨額の金が動くビジネスとなっていた。その得体の知れない深い世界を覗いた気がした。