[野球]
上田哲之「黒田博樹と上原浩治」

「今年の3冊」という文化がある。主要な全国紙などが行なう年末恒例企画で、それぞれの書評執筆者が、その年に刊行された書籍のベスト3をあげて、短く論評する。2013年の暮れも、各紙とも書評子の方々の個性が出て、華やかな書評面であった。

 めでたく新年を迎えたけれども、私もこれを真似て、“去年の3冊”を考えてみた。慌ててお断りするが、通常、書評では、政治・経済・社会・科学・思想・文学といった分野の優れた著作を扱う。私の場合は、もちろん、そんな博覧強記の立派な読書家などではない。あくまで、去年、たまたま読んだ本の中から、ということです。すなわち、以下は「極・極私的2013年今年の3冊」――。

①『クオリティピッチング』(黒田博樹著、KKベストセラーズ)
②『流星ひとつ』(沢木耕太郎著、新潮社)
③『失踪日記2――アル中病棟』(吾妻ひでお著、イースト・プレス)

 ①は、野球好きにとっては、とにかく文句なしに面白い。黒田(ニューヨーク・ヤンキース)もよくぞここまで書いたものだと感心するが、詳細は後で。②は、昨年、急死した藤圭子さんが、28歳で歌手を引退する際に沢木氏が行ったインタビューを、以来33年の封印を解いて刊行したノンフィクション。ここでは内容に立ち入らないが、たとえば、歌手・藤圭子が阿木燿子さんを論じるくだりなど、歌手とはこういうものかと、感銘を受けた。③は『ふたりと5人』『やけくそ天使』『ちびママちゃん』(個人的にはこれを言いたい)などで知られる吾妻ひでおさんが、自らのアルコール依存症治療をテーマに描いたマンガ作品。

 実は②③にはいろいろ迷った。『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』(青木薫著、講談社現代新書)も捨てがたい。なにしろ宇宙論と、人間原理といういかにも人間中心主義な思想が、否応なく結びつくところを鮮やかに整理して描いていて、実に面白い。『吉本隆明――詩人の叡智』(菅野覚明著、講談社「再発見 日本の哲学」)もある。吉本隆明論としては、究極なのではあるまいか。全集の刊行も始まるようですし。と、まあ、悩んではみたのだが、そこは結局、宇宙論より哲学より、吾妻ひでおを選択したということですな。