「なぜ殺した。ゆかりちゃんは今どこにいる。」『殺人犯はそこにいる』新刊超速レビュー

レビュアー:野坂 美帆

「進んでしまった時計の針を戻すことは出来ない。あの日、事件は起こってしまった。」著者、清水氏は思う。「だが、なぜだったのか?」普通のどこにでもいるような女子大生がストーカー被害の末殺害された、「桶川ストーカー殺人事件」。当時、雑誌「FOCUS」編集部に在籍した清水氏は、独自取材の末殺人犯を探し当て、埼玉県警上尾署の不祥事を暴いた。その一連の取材過程を記した前著『桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)』でのまえがきには、先のように書かれていた。「だが、なぜだったのか?」おそらくは、ずっと清水氏の胸に響いていた言葉。「なぜ猪野詩織さんは殺害されたのか?」。

本作『殺人犯はそこにいる』のまえがきにはこう書かれている。

「関東地方の地図を広げ、北部のある地点を中心に半径一〇キロほどの円を描いてみる。そこは家々が建ち並び、陽光の中で子供達が笑い声をあげる、普通の人々が普通に暮らす場所だ。その小さなサークルの中で、一七年の間に五人もの幼女が姿を消しているという事実を知ったらあなたはいったいどう思うだろうか。彼女たちはいずれも無残な遺体となって発見されたり、誘拐されたまま行方不明となっている。しかも犯人は捕まっていない。」

「私が本書で描こうとしたのは、冤罪が証明された「足利事件」は終着駅などではなく、本来はスタートラインだったということだ。司法がなりふり構わず葬ろうとする「北関東連続幼女誘拐殺人事件」という知られざる事件の歪んだ構図の真実、そしてその影で封じ込められようとしている「爆弾」についてだ。」

「だが――それでよいのか?」。今回の事件で清水氏の心にずっと響いていた言葉。「足利事件」は冤罪だった。そして、その後ろで今も逃げおおせている真犯人がいる。清水氏は言う。「そして、何より伝えたいことがある。この国で、最も小さな声しか持たぬ五人の幼い少女達が、理不尽にもこの世から消えた。」強く。「私はそれをよしとしない。絶対に。」

「足利事件」は、DNA型鑑定を覆した冤罪事件として多くの人の記憶に残っているであろう有名な事件だ。九〇年に起きた「松田真実ちゃん事件」の犯人として菅谷利一さんを逮捕、起訴、無期懲役に服させたが、それは冤罪であったと証明され、釈放されたのだ。獄中生活は一七年半にも及んだ。大きく報道された釈放時の映像。実はあの時、菅谷さんが乗ったワゴン車の中には、清水氏がいた。清水氏は「FOCUS」休刊後、日本テレビの社会部記者として様々な事件の取材に携わっていた。その中で、群馬県太田市、栃木県足利市、隣接する二地域で連続して起こった五つの事件の類似性に気づく。最後の一件、九六年群馬県太田市の「横山ゆかりちゃん事件」が菅谷さん逮捕後に起こっていることに不審を抱き、詳しい調査を始め、遂には菅谷さん冤罪を確信し、DNA型再鑑定、再審キャンペーンへと繋げていく。その後の事態の推移は、皆さんのご記憶の通りだ。