村田マリiemo株式会社CEO
「ビジネスを起ち上げ続け、女性の新しいロールモデルをつくりたい」

iemo株式会社
代表取締役CEO・村田マリ

1978年岐阜県生まれ。岐阜、千葉、東京、名古屋で育つ。早稲田大学文学部を卒業後、サイバーエージェント株式会社に入社し、6つの新規事業開発に参画。2005年3月コントロールプラス株式会社を設立し、ウェブ制作事業を開始。2009年にソーシャルゲームへと事業転換を成功させ、2012年にgumiに売却後、シンガポールに移住。このほど、家と暮らしのオンライン・メディア「iemo」をオープンし、2013年12月にiemo株式会社を設立。
iemoフェイスブック・ページ:https://www.facebook.com/iemojp
ツイッター https://twitter.com/mary_ctrl_plus

これからが楽しみな女性起業家の方に経営コンサルタント・多摩大学客員教授の本荘が話をうかがう本連載の第十一回目は、再度の起業となる家づくりのプラットフォーム・サイトを運営するiemo株式会社の村田マリCEOの登場です。

iemo(イエモ)は、α版として公開されたばかりだが、リビングやダイニング、キッチンほか家にまつわる商品や部屋、屋外など1万点以上の写真(事業者が提供)から「まとめ」を作ることができ、スマートホンやパソコンなどで楽しむことができる。追って、リフォームなどの最寄りの事業者をみつけたり、商品を購入できるようにする予定だ。

市場の問題を解決する、家と暮らしの楽しいメディア

iemoは、インテリアやリフォーム、収納など家と暮らしのキュレーション・メディアとして立ち上げました。部屋のインスピレーションが沸くような写真が豊富で、暇つぶしに見ても楽しいサイトです。スマホで隙間時間にだらだら見るのに適していて、インテリア雑誌のリプレースに近い面もあります。

メーカーや工務店など家のプロの事業者に写真を提供していただき、ユーザーがクリッピングしてまとめ記事をアップしていく形です。いま事業者は招待したところだけですが、すでに大手数社とのタイアップも仕込んでいて、年明けにはどんどん発表していきます。

リフォームしたいと思ったとき、ユーザーと業者が結びつく効率が悪いという問題があります。工務店を探すマッチングのサービスもありますが、知らない10社とかから見積もりが出てくるくらいです。家や住まいの情報に興味ある人とゆるくつながっておいて、ユーザーが何かやりたいときに、普段使っているサイトで探せるようになるといいですよね。