[ボクシング]
近藤隆夫「山中vs.亀田和、内山vs.三浦……日本人同士の世界王座統一戦、早期実現を!」

熱くなった挑戦者・金子の勇気

内山のパンチを何度も浴び、金子の顔は大きく腫れあがっていたが倒れなかった。

 心を揺さぶられる熱い闘いだった。大晦日にはヘビーなほどに――。
 東京・大田区総合体育館で行われたWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、内山高志vs.金子大樹のことだ。

 両国国技館で『INOKI BOM-BA-YE2013』(石井慧vs.藤田和之戦は、石井の判定勝ち)の取材を終えて帰宅。テレビをつけると、ちょうど試合が始まるところだった。生中継ではない、それに録画もしていたから、お風呂に入った後に、ゆっくり観るつもりだったが、思わず見入ってしまった。金子の闘いぶりに惹きつけられたのである。

 戦前の大方の予想は、内山有利。これまで7度の王座防衛を果たし、21戦20勝1分、そのうち17勝をKOで飾っているハードパンチャーの内山は、キャリア、パンチ力、テクニックいずれにおいても金子に勝る。内山より9歳若い金子は、世界初挑戦。私も早いラウンドでの内山のKO勝利を予想していた。

 だが、そうではなかった。
 初回から、金子はハードパンチャー内山に対し、勇敢に打ち合いを挑む。臆する様子は、まったくない。ポイントを奪われたであろうラウンドが続くが、それでも金子は“一撃”にかける闘いを続ける。

 そして10ラウンド、左右の連打をタイミング良く決め、なんと内山からダウンを奪ってしまった。結局はジャッジ3者とも7ポイント差と大差の判定で敗れるが、金子の闘いぶりは観る者を熱くさせた。

 ダウンを奪われても、その後、冷静に対処し、勝利した内山は、さすがである。だが、それ以上に、金子の勇気に熱くならずにはいられない一戦だった。2013年の年間最高試合に選ばれたことも十分に納得がいく。