[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「BCリーグNo.1投手・寺田をNPBへ」

ドラフト指名へ2つの課題

 新しい年が始まり、来るシーズンに向けたチーム編成もほぼ固まってきました。香川のピッチャー陣にとって最大の補強ポイントは中日に入団した又吉克樹の抜けたスターター。そこにとっておきの右腕が入団することになりました。BCリーグ新潟のエース、寺田哲也です。

 寺田はBCリーグ、いや独立リーグでもナンバーワンクラスのピッチャーです。一昨季は14勝をあげ、MVPを獲得して独立リーグ日本一に貢献。昨季も15勝2敗、防御率1.35の好成績で最多勝、最優秀防御率の2冠に輝いています。また7月にはノーヒットノーランも達成しました。

 一昨年のグランドチャンピオンシップで新潟と対戦した際には初戦と3戦目に先発。香川打線は寺田から2試合で1点も奪えませんでした。ストレートにキレがあり、カーブ、スライダーなど変化球の精度も抜群で完成度の高さが印象に残っています。

 昨季も前年を上回る結果を残したと聞き、個人的にはドラフト指名は確実だろうと思っていました。しかし、残念ながら朗報は来ず、本人も環境を変えてラストチャンスに賭けたいと考えたようです。勝負の場として、僕たちのチームを選んでくれたのですから、何が何でも1年でNPB行きが叶えられるようアドバイスしたいと思っています。

 早速、昨年末よりチームの自主トレにも合流し、彼のピッチングを見てみると2つの課題を発見しました。ひとつは体幹の弱さです。彼のストレートは球速が140キロ台中盤で、もうひとつ物足りなさがありました。

 体幹がしっかりしていなくても、あれだけキレ味鋭いボールが投げられるのですから、NPB仕様のフィジカルをつくり上げれば、球速アップは間違いありません。この冬場から春にかけてしっかり鍛え、150キロを目標にしてほしいと感じています。