ルポ・餃子の王将社長射殺事件 〜「創業家内の怨念」と「蠢く半グレ」

2014年01月11日(土) フライデー

フライデー経済の死角

upperline

「行方不明の息子(貴司氏)は、かつて『次(の社長)はオレだ』と公言しとった。それを大東に奪われたと逆ウラミしとったんやないか。地元のヤクザ連中は、もっぱらそれが関係してる言うとるよ」

大東氏の不可解な死との関連が取りざたされている事件が、もうひとつある。

'12年12月、石川県金沢市の繁華街、片町の王将店内で9人の男性が店側の制止を振り切って全裸写真を撮影した。それをネット上に投稿したことで画像が拡散され、同店は'13年9月に閉店、その後、威力業務妨害などの疑いで2人が逮捕、7人が書類送検された。世間では単なるバカ画像投稿事件と思われているが、「問題の根は、はるかに深い」と、金沢のウラ事情に詳しい暴力団関係者が話す。

「事件を起こしたんは、金沢市内にあるショーパブ『O』の従業員らや。ココの元オーナーRら数名が半グレ集団『怒羅権』のメンバーなんや。怒羅権は、在日中国残留孤児2、3世の子弟らが作った不良集団。東京発祥のグループやけど、関西にもメンバーはおる」

怒羅権は、関東連合と並び称される半グレの代名詞的存在。首都圏を中心に1000人近くの構成員を抱え、麻薬の売買や窃盗、強盗などを主なシノギ(仕事、収入源)としている。関東連合同様、芸能界や経済界にもネットワークを張り巡らしており、有名人たちと交遊を重ねている。山口組や住吉会の枝(下部組織)の組長クラスのなかには、怒羅権の有力グループのリーダーのことを〝ボス〟と呼ぶ人間もいる。まさにヤクザも一目置く半グレ集団なのだ。

そのメンバーであるRが新たにショーパブを出店しようとしていた場所に、先に王将金沢片町店が入ってしまったため、それをウラんでいたというのだ。

「この地域は、ちょっと格式が高く、客層もエエ。ビルのオーナーは入居の際、王将をショーパブより優先したみたいや。Rは王将を逆ウラミして敵視しとって、Oの従業員らはあの店に行っては『ヤメてまえ!出ていけ!』とイヤがらせしとったんや。あの全裸事件もそのひとつと評判や」(同前)

金沢片町店を閉店せざるをえなくなった王将本部は、被告らに損害賠償等の請求を行った。同関係者が続ける。

「ふつうやったら、損害賠償の請求なんかされたら、あの半グレ連中はますます相手に突っかかっていきよる。けど、ここ数ヵ月は、Rらの動きが止まっとったんや。そこに王将社長の銃撃事件やろ?現場で銃声がせんかったっちゅう話もあるらしいけど、怒羅権やったらサイレンサーぐらい楽に入手しよるからなあ」

警察は王将が抱える闇についても捜査を進めているが犯人像は絞り切れていない。真相解明には時間がかかりそうだ。

「フライデー」2014年1月10日・17日合併号より

前へ 1 2 3 4

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事