[BCリーグ]
信濃・大塚晶文監督「人間的成長の末にある成功」

 明けましておめでとうございます。2014年も、BCリーグおよび信濃グランセローズの応援、どうぞよろしくお願いいたします。さて、昨オフに球団から発表された通り、今シーズンは監督としてチームの指揮を執ることになりました。昨シーズンはピッチャーとして入団し、復帰に挑みましたが、結局1度も実戦マウンドに上がることはできませんでした。楽しみにしてくれていたファンの皆さんには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。その分も、今シーズンは創設以来悲願である初優勝を目指して頑張っていく所存です。

 今回はまず、昨年グランセローズに入団した経緯から話したいと思います。正直に言えば、入団前の僕は日本の独立リーグにまったく興味がありませんでした。時々、スポーツ雑誌などで目にすることがあっても、「へぇ、やっているんだ」などとしか思わなかったのです。なぜなら、どうせ野球のレベルは低いのだろうと思っていましたし、自分がそこでプレーするなど、まったく想像していなかったからです。実際に入ってみると、「この選手、頑張ればNPBにいけるのでは?」という原石がゴロゴロいましたし、「これが最後のチャンス」という思いで来ている選手が多く、ひたむきに練習する姿を見て、自分の方が刺激を受けたくらいなのですが……。

 そんな僕が、なぜグランセローズに入団することになったのか。それはあるひとりの冒険家との出会いがきっかけでした。11年11月、僕は5度目の肩の手術をしました。リハビリを行いながら調整し、一時は良くなっている実感を得たこともありましたが、結局昨年1月に痛みが再発したのです。そこで、僕はもう野球を諦め、他の仕事を探して、次の人生を歩もうと考えました。そんな時に出会ったのがブラインドセーラーの岩本光弘さんです。岩本さんは昨年6月、キャスターの辛坊治郎さんとヨット太平洋横断にチャレンジしましたが、途中遭難してしまい、海上自衛隊によって救助されました。そのニュースは新聞やテレビで大きく取り上げられましたので、岩本さんの名前を覚えている方も多いことでしょう。太平洋横断の約3カ月前の3月10日、岩本さんは東日本大震災の被災地、福島県の高校のヨット部に練習艇を寄贈するためのチャリティとして、サンディエゴハーフマラソンに出場しています。縁あって、僕は岩本さんの伴走を依頼されたのです。

 2月から2人で練習を始めたのですが、一緒に走ったり、3カ月後に控えた太平洋横断の話を聞いたりするうちに、岩本さんのパワーに圧倒されている自分がいました。そして、エネルギッシュな岩本さんに感化され、諦めていた野球への気持ちがどんどん膨らんでいきました。
「自分も、最後まで諦めずに挑戦しよう」
 サンディエゴハーフマラソン後、僕は再び復帰を目指すことにしました。