企業・経営 裏社会
みずほ銀行スキャンダル〝本番〟はこれからだ!不良行員が行なった「暴力団融資」と、「疑惑」だらけの老舗出版社M&A
みずほ銀行本店前[PHOTO]Bloomberg via Getty Images

みずほ銀行スキャンダルは終結せず――。そう思わせる内情暴露が、インターネットの情報誌やブログで繰り返されている。

みずほ銀行スキャンダルとは、昨年9月末、系列信販会社のオリエントコーポレーション(オリコ)を通じた提携ローンに絡み、暴力団組員らへの融資が発覚したこと。この件に関し、金融庁は昨年末、みずほ銀行に対し、問題となった提携ローンの1カ月の業務停止命令を下した。これを受けてみずほ銀行は、塚本隆史会長が2014年3月末で引責辞任し、6月末にはコンプライアンス強化のために、委員会設置会社に移行することを明らかにした。

従って、みずほ銀行にとってはもちろん、金融界にとっても〝終わった話〟であり、関心はむしろ、職にとどまった佐藤康博頭取が、3行合併の弊害をどう本気で乗り越え、暴力団融資に象徴される事なかれ主義を脱皮するかにある。

「みずほ」看板の高利ファンドに群がった怪しい面々

だが、みずほ銀行には提携ローンでの暴力団融資以外に、12年9月、懲戒解雇された元審査第2部審査役のO・Mが絡む不明朗な資金があり、それが暴力団組員を含む反社会的勢力(反社)に流れた形跡がある。これが、終結していないみずほ銀行スキャンダルだ。

この「O・M問題」は、チャート図が作成され、O・Mに詐取されたとする投資家が週刊誌などに告白、損害買収請求訴訟も起こされており、既に周知の事実である。

整理してみよう。

首謀者とされるみずほ銀行元中堅行員のO・Mは、老舗出版社「ぎょうせい」の創業者である藤沢一族の担当者として、資産にも関与していた。だが、オーナーが脱税事件を起こして逮捕され、最終的にぎょうせいは、メーンバンクのみずほ銀行(窓口はみずほキャピタル)が買い取った。そのぎょうせいの株の買い戻しのためのファンドを運用しているのがO・Mで、「みずほ銀行が元本保証しているうえに金利は月3~8%」という驚くべき高利で投資を募っていた。

ここまでが第1段階のスキャンダル。現役行員が「みずほ銀行」の看板を使い、高利運用を約束、出資を募っているのだから、それだけで犯罪を構成する。

だが、スキャンダルにはさらに先がある。

O・Mの破天荒な金利によるカネ集めが話題になり、「怪しいカネ集めを告発するぞ!」と、事件屋、金融ブローカー、ジャーナリストなどが群がって食い物にした。なかには、彼らの仲介で広域暴力団幹部への融資も存在。行政処分を受けた2億円の提携ローン融資以上の問題をはらんでいた。

現在、ネットで暴露されているO・Mが絡むスキャンダルの凄さは、借用書、契約書、顛末書、陳述書など、関係書類がすべて公開されていることだ。

仕掛けているのは、紙媒体からネットに移行した「週刊報道特集」であり、街宣活動で知られる右翼「敬天新聞」の「敬天ブログ」。昨年末から今年に入ってからは、連日、新たな資料をアップしており、捜査関係者ならずとも「放置していいのか」と思わせる。

例えば、「週刊報道特集」の代表が実名で告発している「暴力団への利益供与事件の時系列」と書かれた文書には、伏字ながら広域暴力団幹部の妻への融資が明かされている。

2011年8月31日、金融業者でもある「週刊報道特集」の代表は、ジャーナリストの紹介でO・Mに会い、「自分の立場では暴力団関係者への融資はできないので、一時的に、代表の金融会社の名義で実行してほしい」と依頼される。9月2日、6日と打ち合わせを重ねた後、9月22日、東京・内幸町のみずほ銀行本店前にて、融資実行資金1億4000万円をO・Mから受け取った――。

暴力団幹部への迂回融資資金を受け取ったものの、この資金は東京都の暴排条例が同年10月1日に施行されたために、「法令順守等の懸念」により実行されず、O・Mのもとに返還されたという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら