サッカー
ブラジルW杯の目標はあくまでもベスト8以上! ザック監督に求められるのは決勝トーナメントで勝つことだ!
〔PHOTO〕gettyimages

4年に一度のワールドカップ・イヤーが、いよいよ幕を開けました。

大会を勝ち抜くためのポイントは、前回の更新分で触れました。そこで今回は、ブラジルW杯における日本の目標について触れたいと思います。

「優勝する」と口にする選手たちの真意

代表チームを率いる"ザック"ことアルベルト・ザッケローニ監督は、ブラジルW杯のノルマに触れていません。日本サッカー協会からも、具体的な目標は語られていません。

ザック監督とサッカー協会に代わって、目標を明言しているのは選手たちです。

本田圭佑や長友佑都は、かねてから「ワールドカップで優勝する」と話してきました。イングランドでプレーしている香川真司は、「決勝トーナメントでイングランドと対戦できたら」という希望を抱いています。もちろん、対戦することが目標ではなく、「強い気持ちで勝ちにいく」と続けます。

4年前の南アフリカ・ワールドカップ当時に比べると、選手たちは確実にステージをあげています。2010年当時は海外でプレーする選手が松井大輔(グルノーブル/フランス ※所属は当時、以下同)、長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)、本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)、森本貴幸(カターニャ/イタリア)の4人だけでしたが、現在は代表の半数以上を海外クラブ所属選手がしめています。

それだけではありません。選手たちが所属するクラブも、スケールアップしました。

4年前はFC東京の一員だった長友は、イタリアの名門インテル・ミラノで主力を担っています。南アフリカにサポートメンバーのひとりとして帯同した香川は、ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントを経てマンチェスター・ユナイテッドへ引き抜かれました。

最新のトピックスとしては、本田のACミラン入りがあります。インテル・ミラノと並ぶイタリアのビッグクラブに、後半戦の巻き返しを託されたのです。

ワールドカップの優勝は、ブラジル、イタリア、ドイツなど8ヵ国しか経験がありません。「優勝する」と口にすることの意味は、本田も長友も分かっていることでしょう。

そこに、彼らの決意の深さが読み取れます。〈本物の自信〉を持っているからこそ、選手たちは太く強い野心を抱くのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら