[サッカー]
大野俊三「ザックジャパン、GL突破へのシナリオ」

 ついにブラジルW杯グループリーグ(GL)の組み合わせが決まりました。ご存じのとおり、日本が入ったのはコートジボワール、ギリシャ、コロンビアのいるC組。5大会連続出場となる日本ですが、厳しい組に入ったかな、というのが正直な感想です。4カ国とも実力差がそこまで大きくなく、接戦が予想されます。

 決勝トーナメント進出へ最も大切なのは初戦のコートジボワールで勝ち点を獲得できるかどうか。コートジボワールに勝てば、GL突破の可能性は高まります。逆に敗れると苦しくなるでしょう。日本にとっては初戦、第2戦と勝ち点を積み重ねてGL突破を確定させるシナリオが理想ですね。

エースへの供給源をつぶせ!

 コートジボワール戦で注意すべき選手は、やはりFWディディエ・ドログバです。高い技術を持ったストライカーであることに加え、彼は同国の精神的支柱でもあります。ドログバがいいプレーをすれば、つられて味方も力を発揮するように映るのです。¬¬¬試合ではドログバに、いかにボールを供給させないかがカギになるでしょう。日本はパスの出所をつぶすため、山口螢や細貝萌といった¬ボール奪取に長けた選手を¬アンカーとして起用することも有効だと思います。

 攻撃では高い位置でボールを奪ってから縦に仕掛ける速攻と、ポゼッションしながらしっかり組み立てる遅攻を使い分ける。いずれにしてもポイントは11月の欧州遠征のように球離れを早くし、相手がボールを奪いに飛び込んでくるスキを与えないこと。フィジカル面では日本の方が間違いなくコートジボワールより劣っています。ガチャンと体をぶつけられて、競り合いに持ち込まれるのは避けたいところです。

 第2戦で当たるギリシャはC組の他国に比べると、力は落ちるとみています。しかし、W杯では簡単に勝てる相手はいません。同国のW杯欧州予選で10試合中8試合を完封した堅守は脅威です。

 日本がギリシャのゴールをこじ開けるためのポイントは、守から攻への切り替える時のスピードアップ。相手がボールを保持している間も、常に奪った後のことをイメージしておくことが大切です。マイボールにしたら、サイドの長友佑都が攻め上がる、または本田圭佑や柿谷曜一朗といった前線の選手にパスをつなぐ。静から動へと素早く切り替え、相手に自陣へ戻りながら対応させるかたちにすれば、鉄壁にズレを生じさせることができるでしょう。得失点差も考え、できるだけ多く点を取った上で勝利しておきたいですね。

 またギリシャ戦では、アルベルト・ザッケローニ監督のマネジメントも重要です。次のコロンビア戦、その後の決勝Tは総力戦が予想されます。初戦の結果にもよりますが、主力を温存したり、控えメンバーに実戦機会を与える必要性も出てくるでしょう。

 第3戦のコロンビアは、C組首位突破に最も近い存在と見ています。身体能力が高く、優れた技術を持ち合わせた選手が多い。私の中ではゴール前ではパスを回すよりも、ドリブルを仕掛けて、シュートを狙うというイメージが強いですね。

 中心選手のFWラダメル・ファルカオは、ゴールへの嗅覚、パワー、シュート技術といった点取り屋に必要な能力をすべて備えているといっても過言ではありません。まさに南米のストライカーといった印象です。

 日本は、コートジボワール戦同様に、ファルカオにボールを渡さないことが求められます。パスの出所にプレッシャーをかけ、もしファルカオにつながれても、うかつには飛び込んではいけません。粘り強く対応し、フォローにきた味方と囲い込んでボールを奪う守り方がベターでしょう。その上で、巡ってきたチャンスは確実にモノにする。日本が持ちうる力を全て発揮すれば、勝機は十分にあるはずです。