立ち読み電子図書館
2014年01月03日(金)

森喜朗×田原総一朗「田中真紀子? 彼女だけはやめておけと助言したのだけれど」

『日本政治のウラのウラ 証言・政界50年』より【第4回】

upperline

 【第1回】 はこちらをご覧ください
⇒ 【第2回】 はこちらをご覧ください
⇒ 【第3回】 はこちらをご覧ください

六 田中真紀子? 彼女だけはやめておけ

森 イルクーツク会談の時点ではまだ私は、後継者は加藤紘一だと思っていましたからねえ。山崎拓はダメだし、小泉純一郎はまだ本気ではない。だから、やっぱり加藤だと思っていた。

――へえ~、森さんも加藤紘一だと思っていたのですか。

森 当時はまだ、佐藤優さんが外務省の分析官をしていたので、佐藤さんにも「私の後継は加藤になると思うけれども、加藤にも同じようによくしてやってくれよな」と頼んでおいたのです。佐藤はそのことを著書のなかで書いていますよ。

――そもそも、森さんと加藤紘一は決して仲が悪くない。

森 そうです。ところが、あの人は時々、血迷うんだな(笑)。加藤の乱を起こして失敗し、小泉さんになったわけですが、小泉さんが日ロ問題に関心があるかどうかというと疑問でしたね。彼は初当選の年次が私の一期下ですが、同じ福田派でもあり、政治活動をずっと見てきましたけれど、そもそも外交問題にはあまり関心がなかったようです。

――主に大蔵畑ですよね。

森 大蔵だけで、他はやっていないし、外国との関係はあまりありません。一番の問題は、組閣の時に田中真紀子を外務大臣にしたことです。ぼくはずいぶん「やめろ」と進言したけれども、最後まで聞かずに入閣させたのです。

――自民党総裁選挙の時に、田中真紀子がずっと小泉さんの応援をしたのですね。

森 小泉さんが首班指名を受けた後、院内の総理大臣室で私が待っていた。そして、組閣本部に向かう小泉さんに言ったのです。

「純ちゃん。もういっぺん言うぞ。田中だけはやめておけ」

「もうダメなんだよ。田中にする」

「そこまできみは約束したのか」

「約束した」

「それじゃ、仕方がないから、経産大臣でもいいし、他の省庁にしなさい。外務だけはいかん。何か問題が起きた時に、国内でおさまらなくなる。外交問題になるよ」

ぼくが自民党の幹事長時代のことです。河野洋平総裁に頼まれて田中真紀子を科学技術庁長官にして、もう大変だったのですよ。彼女にはすぐ調子に乗るクセがあって、誰の言うことも聞かない。千人単位の聴衆が待っているのに、「汗かいたから、私帰る」と言ってドタキャンを平気でやる。「そんな人を外務大臣にしたら大変なことになるから、やめておけ」と進言したのだけれど、「いや、外務大臣にするって約束しちゃったんだよ」ということだった。

ただ、田中真紀子は総裁選で小泉を応援する条件として、「もし選挙に勝ったら自分を外務大臣にしろ」と要求したわけだから、約束する方もする方だけど、させる方もさせる方ですよ。

――田中真紀子なら言いかねない。そういう条件を出す女性ですよ。

次ページ 森 そういう人なんだよ。外務大…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事