佐藤優さんに質問「やらなければいけないことを先延ばしにする癖を直すにはどうしたらいいですか?」ほか

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol027---質疑応答より

「結いの党」を結成した江田氏の政治家の資質をはかるエピソードを教えて下さい

この度「結いの党」を結成し野党勢力の結集に向けて一歩踏み出された江田憲司氏について。先生は江田氏の人望や腹の据わり方について、どのように御覧になっていますか? 江田氏が「政界再編」を仕掛ける資質の持ち主だと御覧になっているか、率直に聞かせて頂ければ有り難く存じます。また江田氏の資質について御判断されるに当たって、想起された具体的エピソードなどございましたら教えて頂ければ大変有り難く存じます。(SN)

【佐藤優さんの回答】 江田憲司氏については、こんなコラムを書いたことがあります。

<『東京新聞』2010年6月4日朝刊「本音のコラム 江田憲司氏からもらった機密費」

筆者は情報業務についていた関係で、機密費(正確には報償費)を用いて仕事をしたことが何度もある。機密費は領収書や伝票などの証拠書類がいらないので、要人の買収、いかがわしい接待で相手の弱味を握るなどどのようなことにでも使うことができる。

筆者が初めて内閣官房機密費をもらったのは1997年、江田憲司首相秘書官(当時、現衆議院議員・みんなの党→結いの党)からだった。江田氏から「モスクワに出張する前に(首相)官邸に顔を出しなさい」と言われていたので、挨拶に行った。1階の会議室に案内された。江田氏はポケットから白い封筒を出し、「これを使って」と言って差し出した。筆者は「ありがとうございます」と礼を言い、封筒を鞄に入れた。封筒には30万円が入っていた。

このとき江田氏が「官邸にきて初めて知ったけれど、外務省は裏のカネをたっぷりもっている」と言っていたことを鮮明に記憶している。今になって思うと外務省から官邸に秘密裏に上納されていた機密費のことを江田氏は示唆していたのだ。・・・(以下略)

やらなければいけないことを先延ばしにする癖を直すにはどうしたらいいですか

(---略)自分の先延ばししてしまう癖(性格)についてです。私はどうしてもやらなければいけないこと(すぐにやったほうがいいこと、もしくは、長期的な視点においてやっておいたほうがいいこと)をどうしても先延ばしししてしまう癖があり、いつもそうなってからそれに気づき嫌気がさします。

この質問も質問しようとして一週間以上かかってやっとメールしております。例えば、朝大学に行く前にぎりぎりまで寝ていたりして少し遅刻してしまったり、何かの手続きや課題などを一週間以上放置してしまったりしています。

ここ1年ぐらいは論文を読んだり、近い将来に備えて何か新しい知識を身につけようとしても、最近はすぐに気が散ってしまい集中しにくい状態です。(勉強を始めても10分ぐらいで別のことをやってしまう。パソコンを使って作業していても、気づいたら関係ないサイトを見ているなど重症です)今まではそれでもあまり問題は起きなかったのですが、重大な問題を引き起こしそうで性格をなんとかしたいと考えています。

単に自分に甘いと言ってしまえばそれまでなのですが、どうすればうまく自分自身をコントロールして日々のタスクをうまくこなしていくことができるのでしょうか?(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 無理をして矯正を考える必要はありません。私も締め切りギリギリにならなくては、原稿書きに着手できません。与えられた実験をきちんとこなして、レポートを書くことができれば十分です。文科系でも理科系でも、研究者は必ずスランプに陥ります。そういうときは無理をせずに、日々の生活を軽く流すことです。

小説を読く、小旅行に行く、泳ぐ、何でもいいですから気分転換になることをしてみましょう。完璧主義の罠にはまらないようにすることが肝心です。・・・

この続きは「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」でお読みいただけます。
なお、こちらのメルマガはお申込み月は無料でお試し読みができます。

>「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購入する
メルマガ表紙
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」

価格:1,080円(税込)
第2・第4水曜日配信+号外
「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購読する

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」最新の記事
佐藤 優の書籍紹介