『現代中国悪女列伝』 女の武器を使って何が悪いのさ

レビュアー:栗下 直也

人間の欲望が丸出しになる政治のゴシップは東西を問わず人を惹きつける。権力闘争、飛び交う札束、そして、男女関係。本書には、金欲と情欲が渦巻く世界を泳いだ現代中国を代表する10人の悪女が登場する。

元重慶市党委員会書記の薄熙来の妻で、夫の力を背景に蓄財をしながら、英国人の愛人を殺害した谷開来。枕営業で国民的人気歌手になりながら、政財界の秘密を知り過ぎてしまったからか現在行方不明の湯燦。もちろん、文革時代の悪女2人、毛沢東の妻の江青と林彪の妻の葉群も登場する。共通するのは女性を武器に男の鼻の下をべろべろに伸ばさせて、のし上がっていくところだ。

例えば、女性実業家の李薇。本書では「魔性の熟女のチャイナドリーム」として取り上げられているが、のし上がり方が確かに凄い。ベトナムで生まれ、7歳で中国の雲南省に移住。27歳で最初の結婚をするが3年もたたずに離婚。「チャイナドリーム」が始まるのは33歳のとき。戸籍を得るために肉弾攻勢をかけ始める。「始めるのに遅すぎることは無い」とはよくいうが、彼女の人生を見ていると本当に遅すぎることはないのである。『33歳で始める肉弾接待』という本ができあがりそうである。その後、高官十数人との愛人関係を利用して政財界に食い込み、不動産、石油などの事業を自ら手がけ、富を築く。ついたあだ名が「公共情婦」。関係があった男は元北京市長や元青島市長など監獄に入れられた政治家の数だけでも片手では足りず、噂レベルでは周永康や熙来薄などの中央の大物まで名前があがるほど。最終的には近づいた多くの政治化が失脚しながらも、自らは国外に無事逃げ切ったのである。

それにしても、中国になぜ悪女が多いのか。著者はジャーナリストとして悪女ぶりを描きながらも、同じ女性として共感も示す。

重要なことは、悪女単体では存在しえないということだ。悪女は権力を持つ男を軸にして初めて存在が成立するのだ。ー中略ー乱暴に一言で言えば、もとは男が悪い。

確かに中国の男は「悪い」。むしろ「悪い男」でないと出世できないのだろう。だが、男が悪いだけではない。

成功のために、ほしいもののために、そこまで自分の尊厳を捨てられるのは女の子だからではないだろうか。なぜなら、中国の女の子は、最初から尊厳なんて与えられないことの方が多いのだ。特に農村の伝統社会では生まれた瞬間に、男の子であれば、とため息をつかれ、家をつぐこともほとんどなく、一人っ子政策下においてしばしば戸籍も与えられず、ときに捨てられたり間引かれたりする運命の下にある。