[プロ野球]
佐野慈紀「あっぱれ! 則本&小川の投げっぷり」

 11月23日、プロ野球コンベンションが開催され、今季のタイトルホルダーたちが表彰されました。正力松太郎賞、沢村賞、ベストナイン、最優秀防御率、最高勝率、最多勝、そしてパ・リーグMVPとタイトルを総なめにした田中将大投手(東北楽天)は、まさに今季のプロ野球の顔でしたね。しかし、今季のプロ野球を盛り上げたのは、田中投手だけではありませんでした。なかでもルーキー投手のレベルの高さには驚きと同時に、十分に楽しませてもらいました。4人も2ケタ勝利を挙げたのですから、今季はまさに“当たり年”でしたね。

“いさぎよさ”が生み出す切り替え能力

 新人王に輝いたのは、パ・リーグは則本昂大投手(楽天)、セ・リーグは小川泰弘投手(東京ヤクルト)です。創設9年目にして、初のリーグ優勝と日本一を達成した楽天。その開幕投手を務めたのが則本投手でした。開幕前、ワールド・ベースボール・クラシックに出場した田中投手を回避し、他のピッチャーで開幕投手を考えなければならなかった星野仙一監督が指名したのが則本投手だったのです。つまり、日本一への道は、ルーキーのピッチングから始まったのです。

 正直、星野監督が則本投手を抜擢したことに、私は驚きを隠せませんでした。則本投手は昨秋のドラフト会議で2位指名されたピッチャーとはいえ、大学まで全国ではほとんど無名でした。実際、オープン戦でのピッチングを見た限りでの私の感想は「まとまったピッチングをしているし、そこそこ勝てるんじゃないかな」という程のものでした。

 パ・リーグでは55年ぶりとなる新人での開幕勝利投手誕生なるか、ということで注目されたその開幕戦の結果は、6回1/3を投げて6安打4失点で白星を挙げることはできませんでした。しかし、ベテランでも緊張する開幕戦、しかも敵地にもかかわらず、最速150キロの直球とスライダーで、強打者たちがズラリと並ぶ福岡ソフトバンク打線に堂々と立ち向かうその姿は、とてもルーキーとは思えませんでした。その強気のピッチングを、日本シリーズまで貫き通したのですから、いかにメンタルが強いかがわかります。

 則本投手の一番の武器は、やはりストレートでしょう。スピードもそうですが、それ以上にボールの強さです。見ていると、多くのバッターが彼のストレートに対して勢いに押されていました。バッターに訊くと、やはり一番打ちにくいのはストレートなのだそうです。つまり、バッターがストレートを「打ちにくい」と感じた時点で、ピッチャーの勝ちなのです。つまり、則本投手はバッターとの勝負に勝てるストレートを投げることができるピッチャーだということです。

 強いボールを投げることができるのは、ひとつは腕の振りがいいからです。そして、思い切り腕を振ることができる背景には、則本投手に“いさぎよさ”が備わっているからではないかと思うのです。「自分のボールが打たれるのではないか」という不安が、則本投手のピッチングにはひとかけらも見えません。そして、たとえ結果的に打たれたとしても、ひきずることなく、すぐに切り替えることができる。その切り替えの能力に長けているからこそ、あれだけ“投げっぷり”がいいのです。