学校・教育
「日本の教育ではわが子の人生が危うい!」急増する大学からの海外留学を目指す親子たち
エール大学HPより

エール大元教授が主宰する留学塾が大盛況!

日本の大学ではなく、学部から海外を目指そうという親や子供たちが静かに確実に増加しているのではないかと痛感させられる出来事があった。先日、この連載でも紹介した斎藤淳エール大元准教授が主宰するグローバル進学塾、斎藤塾JPREPで講演してきた時のことである。

斎藤塾は開校以来倍々ゲームで学生を増やし、今までの教室が手狭だったため、このたびめでたく大きな新教室に引っ越した。そのこけら落としの講演会であった。これが大きくなった教室でも立ち見が出るほど超満員で懇親会の最後まで熱心な方たちが残って大変な盛り上がりだったのだ。

講演の日時が日曜の夕方という、サザエさんタイムで、人が集まりにくい時間帯であったのにである。私が話した「海外留学のススメ」には最初から共感してくれている方々が、自分たちの思いを確認するために講演会に来てくれていたようだ。

来てくれた方々は、大別すると、親御さんだけ、親子で、高校生たちが自分の意志で、グローバル思考の若手社会人も自分の意志で、という感じだった。明らかに親や学生自身の将来への危機感が強まっているのではないか?と思った。