EPOCH MAKERS 2020

Wantedly代表・仲暁子
「シゴトでココロオドル人をふやし、個人のパフォーマンス、そして国全体の生産性を上げる」

2014年01月01日(水) 仲暁子
upperline
撮影:竹井俊晴

ウェブ業界最大級のソーシャル・リクルーティング・サービス「Wantedly」。

既存の求人サイトのように「給料・勤務地・福利厚生」などの条件ではなく、Facebookを活用して、会社で働く「ヒト」がどんな想いに突き動かされているかに焦点を置く。つまり「何をするか」より「誰とするか」で、人(企業)と人(雇用者)をつなげるサービスだ。現在、2000社以上の企業、6.5万人以上が利用している。

「Wantedly」を開発し、サービスを提供するウォンテッドリー株式会社代表取締役CEOを務めるのが仲暁子氏(29)だ。京都大学卒業後、ゴールドマンサックス証券に入社、Facebook JAPANを経て、起業。その間、本気で漫画家を目指していた時期もあったという。そして、2012年2月に「Wantedly」をリリースした。

「Wantedly」を通じて、彼女が実現したい社会とは---

次ページ 新年、明けましておめでとうござ…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事