2014年、回復する日本経済に「空前の人手不足」が立ちはだかる!

2013年もあとわずか。経済や株式市場は、アベノミクスに始まり、アベノミクスに終わる1年間だったと思います。

「アベノミクスは偽薬である」ということを言い出した評論家がいて、これは本当にうまいことを言ったと思います。実は私もそう思っているからです。景気回復にたちどころに効く薬なんて、存在しないとは言わないけれども、作るのは非常に困難ですし、効く薬であればあるほど副作用がこわいという問題もおきます。ですから、そもそもそんな薬なんかなくて、使ったのは「偽薬」である、というのは一定の説得力を持ちます。

偽薬効果(プラシーボ効果)とは、ブドウ糖などが入った、薬効も害もない「偽の薬」でも、それを薬だと言われて飲むと、「薬を飲んだ」という安心感から一定の効果が出ることを言います。要は、アベノミクスによる株価の上昇は薬としての効果ではなく、みんなが「効くかもしれない」と思ったことが上昇の要因になった、というわけです。ただ、偽薬説を唱えている人たちは「だからアベノミクスは実態がなく幻だ」という論を展開をすることが多いように思います。

アベノミクスは言うまでもなく「3本の矢」で成り立っています。金融政策、財政政策、そして成長戦略です。一番鮮やかに効いたように見えるのが1本目の金融政策。黒田東彦・日銀総裁の登場までの過程と、彼の行なった異次元の緩和政策などが円安を演出し、輸出企業を中心とした大企業の成長期待を生み出しました。それが、日経平均株価指数の株価上昇要因になっていると思われます。

しかし、2本目の財政政策は景気に強いインパクトを与えているとは思えず、3本目の成長戦略も目立った成果が出ているようには見えません。そして、そんな簡単に成長戦略が出てくるとも思えません。

「アベノミクスは偽薬」説に賛同しつつ、その効果を評価する

現在の日経平均株価指数の株価水準は、12月24日のザラ場中に16,000円を突破し、非常に好調です。現在のPERが16倍です。連日最高値を更新しているニューヨークダウのPERが15倍程度ですから、割高でも割安とも言えない水準ではないかと思います。5月23日のバーナンキショックを乗り越えて、5月22日の水準まで株価は戻ってきました。

ただ、5月23日とは違う点が2つあります。

①バーナンキショックといわれた、バーナンキFRB議長の緩和縮小懸念で下げた株価も、実際にその出口戦略が明確に示されたことにより、相場に安定感が出てきたこと。

②5月から半年以上、日柄調整があり、半年分時間がたったことで、今期から来期の企業業績を株価に織り込み始めたこと。

以上より、日本株が短期的に大幅な調整がある可能性は薄いと考えています。現状の株価水準は、目先の104円の円安水準と好調な企業業績から考えると「適正水準」と言えると思います。割高とは思えませんが、一方で割安にも見えません。今後の株価の上昇は、企業収益が上昇するか否かにかかると思います。