[裏方NAVI]
篠田洋介(横浜F・マリノスフィジカルコーチ)<後編>「チーム力を生んだ“個”のコンディショニング」

 栄光の裏には、必ずそれを支える裏方がいる――12月10日、Jリーグアウォーズで横浜F・マリノスの中村俊輔がMVPを受賞した。2度目の選出は史上初の快挙。さらに35歳での受賞は史上最高齢だ。自己最多の10ゴールをマークし、キャプテンとしてチームを牽引したことが高く評価されての選出だった。35歳にしてなお、高いパフォーマンスを維持し、輝きを放った中村。彼は授賞式の後のミックスゾーンでこう語っている。
「いいシーズンを送ることができたのは、チームメイトもそうですし、優秀なスタッフがいたからこそ。試合後、クラブハウスに戻ってから、プールに入って、ストレッチして、(ジムの)バイクを漕いで、交代浴して……それらが終わるのを1時間以上も待ってくれているスタッフがいる。そういう温かい人たちに囲まれた環境でできたことが、いいプレーができた一番の要因だったと感謝しています」

夏バテ防止は“好きなものを食べる”こと

 コンディショニングをサポートするフィジカルコーチの篠田洋介は、各選手の些細な変化も見逃さないようにしている。そこで、大事にしているのが選手とのコミュニケーションだ。そのツールのひとつとして活用しているのが、毎日の体重測定の結果だという。
「体重の増減は、コンディションの良し悪しを見るのにとてもいいバロメーターになるんです。体重が増えたり減ったりするということは、やはりそこには何かしらの原因がある。特に痩せた場合は、しっかりと栄養摂取ができていなかったり、疲労がたまっていたり、といった身体に何か異常があるということも十分に考えられます。そこで、体重に変化があった時は、『体調、悪いの?』『疲れがとれていないんじゃないの?』と声掛けをしていくんです。そうすると、『実は……』と選手も話してくれる。もし、それでどこかケガをしていたり、体調がすぐれないのであれば、練習の時間や量を調整すれば、未然にケガを防ぐことができるんです」

 また今シーズン、レギュラー全員が長期離脱するような大きなケガや病気なく、シーズンを通して高いパフォーマンスをキープできた要因のひとつとして、篠田は夏場の体重維持を挙げている。開幕前、周囲からは「ベテランが多いし、夏バテするのでは?」という声もあった。だが、“おっさん軍団”は夏にパフォーマンスが低下することはなく、難なく乗り切ってみせたのだ。背景には、篠田が選手たちにかけた、ちょっとした言葉があった。

「これまでは猛暑が続くと、食欲がなくなったり、夜眠れなくなったりして、毎年のように体重が落ちてしまう選手が出てきていたんです。そこで僕は今年の夏、管理栄養士とも相談して、選手たちにこう言いました。『とにかく好きなものを食べてくれ』と。プロである彼らは、ふだん栄養のバランスや体脂肪のことを気にしながら、食事を摂っています。だからこそ、脂肪分の多いものを控えたり、甘いものを我慢したりと、自分の好きなものばかりを食べている選手はほとんどいません。でも、食欲がなくて体重が減ってしまうくらいなら、少しくらい栄養に偏りがあっても、ラーメンでも焼き肉でも、食べられるものを食べて、体重を落とさないでくれ、と言ったんです」

 今シーズン、7~9月のJリーグ公式戦の戦績を見ると、横浜F・マリノスは7勝3敗4分。主力は誰ひとり欠けることはなく、8月17日の第21節で14試合ぶりに首位に返り咲くと、それ以降は優勝争いの中心となった。

 篠田は「僕の言葉を聞いて、選手自身が実際にどうしたか、細かいところまではわかりません」としながらも、「例年とは逆に、今年の夏は体重が増えた選手の方が多かった」と語る。
「スポーツ選手にとって、体重が増えることはあまり良しとはされていませんが、僕は減るよりも増えた方がいいと思うんです。特に、サッカーはあれだけ動くわけですからね。体重が減るということは、単純にエネルギーが少なくなるということ。それでは、キレのある動きはできませんし、何よりケガにもつながります」
 篠田の声掛けが、夏場のパフォーマンスを維持するひとつの要因となったことは間違いない。