[陸上]
白戸太朗「進化し続けるランニングイベント」

スタート地点のアラモアナ公園。各々のペースでゴールを目指す

 12月9日、第41回ホノルルマラソンが開催された。参加者総数は3万1000人。そのうち日本人の参加者は1万4000人。つまり、半数近くを日本人が占めたことになる。ホノルルマラソンは、日本人にとっては入門編の象徴のような存在でもあり、日本国内のランニング人口増加に大きく貢献している。

 この10年、日本のランニングシーンは大きく変化した。以前は、競技会然としていて、初心者が軽い気持ちで参加できるような大会が少なかった。競技役員が取り仕切り、会場もMCではなく、場内放送という感じで音楽さえ流れていなかった。そこには緩く楽しむファンランナーの参加者を許さない雰囲気があった。一方、ホノルルマラソンは緩い雰囲気で制限時間もなく、まさにマラソン祭り。日本人にとっては、気軽に、旅行気分でも参加できる唯一の存在であったのだ。

 ところが、国内大会も様変わりし、ルールや形式に柔軟さがある大会が増えてきた。まず東京マラソンに代表されるように、制限時間が緩めで、明るい雰囲気をもつ都市マラソンだ。大勢の参加者を集め、街中を走り、演出にもお金をかける。楽しく、派手なマラソンを見て走りたくなる人も多く、これが愛好者人口増加に、非常に貢献したことは言うまでもない。

 また食べ物をテーマにした大会も増えた。「スイーツマラソン」は、途中の給水所に様々なスイーツが並び、走る人を楽しませてくれる。ただし、フィニッシュ後にはあまり食べられないのが個人的には残念。レース中よりレース後に食べたいという私見はおいておいても、女性からの人気はなかなかのもので活況を見せている。

 一方、甘味だけでなく食べ物を追求したのが「グルメラン」。こちらはゼッケンに着いた試食券で、出店しているグルメ屋台で自由に食べることができるというもの。レース前でも後でも、自由なタイミングで食べられるのが嬉しい。多くのB級グルメが登場しているのも人気の秘訣だ。ただ、食べる時間が集中するので、人気フードの前にはどうしても長蛇の列ができるという難点もあるが、食欲とランニングを上手くマッチさせたイベントだ。この2つのイベントは、ともに女性参加者の比率が高く、通常のランイベントでは9:1とも言われた男女比が、5:5程度になっているという。そういう意味では、ランニング人口拡大に大きく寄与している類のイベントと言えるだろう。