ソーシャルウェブが未来を創る!
2013年12月25日(水) イケダ ハヤト

OVA代表伊藤次郎氏に聞く ~ネット広告を活用した「攻め」の自殺防止活動~

upperline
[左] イケダハヤトさん(プロブロガー)、[右] 伊藤次郎さん(インターネット・ソーシャルワーカー/OVA代表)

イケダ: 今日はネットを活用した自殺防止活動をしているインターネット・ソーシャルワーカーの伊藤次郎さんをお呼びしました。この間先日のWHOの会議でも活動が紹介されたと伺いましたが、まずはどんな活動をしているのか教えてください。

伊藤: 今年6月末に内閣府が発表した「自殺対策白書」を読んで、若者の自殺が増えているという問題を初めて知りました。そのような若者にどうやってリーチすればいいのかを考えているときに、スマートフォンを通じて、ネットを活用して何かできないかと思ったんです。

そこでリスティング広告を利用して、「死にたい」「自殺方法」など死ぬ方法を検索エンジンで調べるだろうという仮説から、7月14日から実際にネットを使った自殺予防活動を行いました。

イケダ: 伊藤さんは、これまでは何をやっていたんですか?

伊藤: 元々は働いている方のメンタルヘルスの支援をしているEAP(従業員支援)企業で勤務していました。その後、精神保健福祉士の資格を取り、ソーシャルワーカーとしてうつ病になって休職していた方の復職支援などをしていました。なので、現在はソーシャルワーカーとして活動しています。

イケダ: リスティング広告を活用した自殺予防をされたとのことですが、もう少し具体的に教えてください。

伊藤: 「死にたい」「自殺方法」など自殺関連用語を検索した人に対して、グーグルのリスティング広告を利用して特設サイトを表示させます。自殺願望のある方に対して「お手紙」のような長めの文章を載せたページを制作し、私のところにワンクリックでメールを送ることができるようにしました。

するとメールが来るわけですが、最初は「死にたい」「助けて」といったような一言二言程度なんですよね。これまでですと「いのちの電話」などでは、死にたい衝動を下げるということをやっていました。

一方で、私はソーシャルワーカーなので、彼らの持っている問題を明確化し、優先順位をつけてその解決に向けて、数十回やりとりしています。そして、医療や福祉などの社会資源につなぐという事をしています。

次ページ イケダ: リスティング広告を利…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ