猪瀬氏去り、候補者選びが本格化。「安倍政権の信任選挙」は避けたい自民党の都知事選候補選びのカギは「政権との距離感」
主去り、次の「顔」は…[Photo] Bloomberg via Getty Images

医療法人「徳洲会」グループからの5000万円献金問題で揺れた東京都の猪瀬直樹知事が辞任した。後任選びはこれからだが、来年2月上旬にも実施される都知事選は事実上、安倍晋三政権に対する信任投票になる可能性がある。

特定秘密保護法をめぐって国民の間に批判が高まり、与野党対立が激化した。その結果、安倍政権の内閣支持率は各種世論調査で軒並み10%前後、低下した。1月19日には、米軍普天間飛行場の移転問題が焦点になる沖縄の名護市長選もある。

安倍政権は沖縄と東京で国政選挙並みの注目を集めて、国民の審判を受ける形だ。こういう局面で、都知事選は「できれば避けたい」というのが政権の本音だっただろう。自民党は年内にも候補者を選ぶ方針だが、清新さはもちろん政策課題への理解、政権との距離感などが鍵になる。はたして、そんな条件を満たす候補者が見つかるだろうか。

橋本「芯強い」、小池「度胸あり」、舛添「立派」…石破氏の人物評

いまの段階で名前が挙がっているのは、与党側では小池百合子元防衛相(衆院東京10区)や都議経験がある下村博文文部科学相(同11区)、安倍と近い萩生田光一総裁特別補佐(同24区)、元五輪選手の橋本聖子前参院政審会長(参院比例代表)、さらに丸川珠代参院議員(東京都選挙区)らだ。

野党側では、参院議員を引退した舛添要一元厚生労働相や、日本維新の会を離党し衆院議員も辞職した東国原英夫元衆院議員らがとりざたされている。なかでも舛添は必ずしも野党側だけが推すとは限らない。知名度があるだけに、与党側の候補者選びが難航した場合は野党と相乗りする可能性もある。

猪瀬がカネにまつわるスキャンダルで辞めた後で、かつ東京五輪も控えているだけに、最も重要な要素は「清新さ」だ。一部報道によれば、安倍首相が周辺に「女性候補がいい」と語ったとされるが、それも同じ理由だろう。
 

そんな中、私は木曜日ナビゲーターを務めているJ-waveの番組「JAM THE WORLD」の収録で19日午後、自民党の石破茂幹事長にインタビューした。同夜の番組でも放送したが、主な都知事選候補と目される人物についての石破評を紹介しよう。

私の頭に真っ先に浮かんだのは橋本聖子だ。元五輪選手の橋本は「五輪を開く東京の顔」として収まりがいい。スキャンダルの話も聞かない。石破は「どんな困難も乗り越える芯の強さがある。参院政審会長も務めた。閣僚経験がない点をどうかという人もいるが、政策の理解力、ひたむきさは超一級ですね」とほめちぎった。

それから、小池百合子である。「環境相、防衛相と閣僚経験があり、語学は達者で国際的な視野も広い。花もある。兵庫から東京に選挙区を変えるなど、すごい度胸もある」

丸川珠代についても聞いた。「キャスター、アナウンサーを務めて、そういうセンスもある。厚生労働政務官を務め、いまは党の厚生労働部会長だ。ただ参院であれだけの票をとって当選したばかり。(都知事選に転身するとなると)党としてそこをどう考えるか、という問題もある」

舛添要一については自民党を離れた人なので、どうかと思ったが、意外な評価が返ってきた。「立派な人ですよ。私は福田康夫、麻生太郎の両政権で閣僚としてご一緒したし、お付き合いもある。才能と弁舌はすばらしい。知名度も都政への見識もある。ただ、我が党が下野して一番つらいときに出て行かれたので、悲しい思いをした。そこをどう考えるかですね」

最後にもう1人、東国原英夫はどうか。彼については「勘弁してくださいよ〜」の一言だった。野党はいざしらず、自民党の候補としてはあり得ない、という判断である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら