もはやメディア・リレーションズでは生き残れない。PRパーソンは生まれ変わる覚悟が必要だ! 【第2回】アウトバウンドとインバウンド

【第1回】はこちらをご覧ください。

情報の伝わり方が大きく変わってきている

2014年に向けて、これからのPRパーソンはプロフェッショナルとして、どうやって進化していくべきなのか。今回はアウトバウンドとインバウンドの話です。

昨年2012年以降、「インバウンド」という言葉をタイトルに入れた何冊かの書籍が発刊されました。2009年頃から米国では「インバウンド・マーケティング」という考え方が浸透しはじめたようですが、日本も昨年あたりから、業界のキーワードになってきています。

〈 「インバウンドマーケティング」とは、Brian Halligan、Dharmesh Shah そして David Meerman Scottという、HubSpot という企業の創業者とボードメンバーによって流布された言葉であり、これまでの広告媒体の枠を購入したり、業界イベントに積極的に出ていくという「Outbound (外側に向かう)」マーケティングに対して、見込み客のほうから近寄ってきてくれるような「Inbound (内側に向かう)」マーケティングを指す。 〉アドタイ(2012年6月)の高広伯彦氏コラムより

私が2つ目のテーマに"アウトバウンドとインバウンド"を挙げたのは、マーケティング業界の流行として「インバウンド・マーケティングをチェックせよ!」といいたかったからではありません。"アウトバウンドとインバウンド"の議論から、「いま、情報の伝わり方(伝播の仕組み)が大きく変わってきている。プロであるならば、そのことに敏感に反応・対応しなくてはならない」といいたいのです。

2. アウトバウンドとインバウンド:「配る仕事」「集める仕事」

マーケティング・コミュニケーションには、当然のことながら、アウトバウンドとインバウンドの両方の要素が必要になります。例えば、素敵なパーティーを催したとしても、パーティーが開かれること自体を知らなければ誰もやってきません。人を集める(イバウンド)の前提として、招待状が配信(アウトバウンド)されるはずです。また、アウトバウンドの目的は、最終的にはインバウンドにあることも明らかです。

では、なぜ、2009年以降、インバウンド・マーケティングという問題提起が注目を集めているのでしょうか? それはおそらく、従来のマーケティング・コミュニケーションが、アウトバウンド偏重で行われてきからではないでしょうか。