[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「上田、仰木両監督を手本に育成を」

選手は実戦で伸びる

 今回、愛媛球団からお話をいただき、監督を引き受けることになりました。僕は81年に阪急入団以来、選手、指導者として、スカウト時代の3年間を除く30年間、ユニホームを着てきました。それだけに現場から離れるのは非常にさびしい思いがありました。ユニホームを着て野球に携われるならどこでもいい。そんな気持ちでしたから、愛媛から声をかけていただき、非常にうれしかったですね。

 実はアイランドリーグには初年度の05年、担当スカウトとして何度も試合を観に行きました。その後、2軍の指導者としても練習試合をする機会が多く、対戦相手としてレベルが着実に上がっていることを感じていました。

 アイランドリーグのチームはレベル的にも、置かれている状況もNPBの2軍に似ている面があると感じます。NPBの2軍も1軍の戦力となる選手を育てながら、勝つことが目標です。アイランドリーグもNPBで通用する選手を育成しつつ、チームとして優勝を目指します。

 長く2軍で指導してきて感じるのは、選手は実戦の中で伸びていくということです。最初は未熟な新人選手でも、実際に試合で使っていく中で、プロのレベルを体感し、自らの足りない部分を自覚していきます。打球の速さ、投球のスピードやキレ、フィールディング、走塁技術……。そういった課題を試合を通じて発見し、練習に取り組むことで選手は成長するのです。

 アイランドリーグでも、リーグ戦に加え、NPBとの交流戦と数多くの実戦機会が設けられています。選手たちにどんどん試合経験を積ませることで、成長を促せればと考えています。