もはやメディア・リレーションズでは生き残れない。PRパーソンは生まれ変わる覚悟が必要だ! 【第1回】ブランデッド・ストーリーテリング

PRパーソンはどう進化していくべきか

まもなく2013年も終わろうとしています。手前味噌ですが、先週、毎年恒例の「レビュー」を行いました。年末に1年間の仕事を全社で振り返り、みんなで議論し、投票して、もっともすぐれた仕事を表彰する弊社の行事です。

年間160を超えるプロジェクトの中から選りすぐりの13件がノミネートされ、発表されました。その一つひとつがユニークで優れたマーケティング成果をあげていました。当然、内容は社外秘ですが、ここで皆さんにも紹介したい!ぐらい、面白い話ばかりです。

振り返ってみると、ここ最近、私が取り組むPRの中身は大きく変わってきています。そして私個人も、自分が取り組んでいる仕事の変化を実感し、楽しんでいます。

自分が取り組んできた仕事が変化していくことは、一見すると厳しいことのように思えるかもしれませんが、私はそうは思いません。自分たちの仕事が揺さぶられ、ふるいにかけられて、その結果、仕事の本質や真理が少しずつ明らかになっていくからです。それを体験して、理解していくプロセスが楽しいのです。先週、13件の仕事を振り返ったのも、本質や真理に近づくためなのです。

2014年に向けて、これからのPRパーソンはプロフェッショナルとして、どう進化していくべきか、ということをこの連載の中で少し整理して書かせていただければと思います。これは2013年のレビューであり、来年に向けた抱負でもあります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら