つながる!ソーシャル時代 ヒト・カネ・コト
2013年12月19日(木) 松岡 由希子

英ガーディアンが、アルゴリズムを活用した紙面づくりに本格着手

upperline
「Long Good Read」が配布されている、英ガーディアンのコミュニティカフェ「#guardiancoffee」

読む場所を限定した週刊フリーペーパー

2013年5月末、ジャーナリストのためのコミュニティカフェ「#guardiancoffee」を英ロンドンに開設したことでも話題になった英紙ガーディアン(Guardian)は、2013年11月、試験的な取り組みとして、このカフェのためだけの週刊フリーペーパー「Long Good Read」を創刊しました。

このフリーペーパーは、カスタム新聞印刷サービスをてがけるNewspaper Clubとガーディアンとの提携により実現したもの。過去7日間のガーディアンの長文記事の中から厳選されたコンテンツが、タブロイド判24ページにまとめられています。

「Long Good Read」の特徴は、記事の選び出しに独自のアルゴリズムを活用している点です。ウェブページへのアクセス数やコメント、ツイート数、いいね!数などを解析し、もっとも関心を集めた記事を見つけ出す仕組みとなっています。

次ページ 発行までの具体的な流れとしては…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事