矢野隆司 第3回 「18年前、人生の尊い授業料として"使わされた"100万円事件の真相」

撮影:立木義浩

第2回はこちらをご覧ください。

立木 矢野ちゃんはこんなに長くシマジと付き合っていたら被害も相当なもんだろうね。

シマジ おれがトイレに行っている隙に、聞き捨てならないことをいってるね。

立木 矢野ちゃん、この際、一気に吐いてしまったほうが楽になるよ。

セオ 面白くなってきました。

シマジ おれは全然面白くないぞ。

矢野 はい。被害件数は本が一冊書けるくらいあります。「シマジ被害者同盟」を募りこの下の明治通りからシュプレヒコールをあげましょうか。

立木 そうだね。呼びかければシマジの被害者があっという間に100人は集まるんじゃないか。そのときは資生堂の福原名誉会長を団長にしたいね。

矢野 アハハハ。では、わたしの結婚式のことをお話しましょうか。

購読のお申し込みはこちらから

セオ 矢野さんの晴れの結婚式でもシマジさんが何かやらかしたんですか?

矢野 新郎側の主賓No.1としてシマジさんに出席してもらいたかったので、わざわざ上京して頭を下げて、大阪までお越し願ったわけです。するとシマジさんは「司会者におれをこう紹介しろ」というんですよ。

セオ ますます面白くなってきた。