エンタメ ドイツ
私ももう少しドイツの良いところを見なくては---人生で大切なものが見えてくる映画『おじいちゃんの里帰り』を観て思ったこと

おじいちゃんの里帰り』はとても良い映画だった。ドイツ生まれのトルコ人監督が作った映画、いや、正確に言うなら、トルコ系ドイツ人の女性監督が作った映画だ。監督のヤセミン・サムデレリは移民二世で、脚本は自分の体験を基にしているという。

ドイツ政府とトルコ政府が協定を結んで、トルコ人労働者がドイツに入り始めたのは、1961年のことだ。ドイツは、1950年代の初めより経済成長が目覚ましく、農業も工業も、そして鉱業も、深刻な労働力不足に見舞われていた。そこで、まず1955年、イタリア政府と労働者導入の契約を結び、1960年にはスペインとギリシャ。それでも労働力不足は解消されず、翌1961年にトルコの労働者が入り始めた。

1964年にドイツで100万人目の外国人労働者がケルンの駅に到着し、公式に迎えられる。38歳のポルトガル人、アルマンド・ロドリゲスだ。彼が何十人ものカメラマンに囲まれて、おまけに原付自転車までプレゼントされ、何が起こったのかわからず、目を白黒させている写真は、今ではドイツでは誰でも知っているほど有名だ。

しかし、奇跡の復興は永遠には続かず、ドイツ経済にも陰りが見え始める。そのうえ1973年、石油ショックが起こり、ドイツ政府は労働者の動員を停止する。ただ、すでに何年もドイツで暮らしている外国人を強制的に帰国させるわけにはいかず、彼らは、祖国に戻るか、ドイツに残るか、二者択一を迫られることになった。

その結果、かなりのイタリア人やポルトガル人が国へ戻ったが、トルコ人はドイツに残るという決断をした人が断然多かった。他国の労働者とは比べ物にならないほど、貧しい地域から来ていたのだろう。