佐藤優の読書ノート---「偉大な金日成同志はわが党と人民の永遠なる領袖である――金日成同志の生誕一〇〇周年に際して発表した論文――(チュチェ一〇一[二〇一二]年四月二〇日」(金正恩『最後の勝利をめざして』)

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol026 読書ノートより

【はじめに】
……(略)北朝鮮では、金正恩体制下で、金日成主義から金日成・金正日主義へのイデオロギー的転換が進んでいます。張成沢・朝鮮民主主義人民共和国国防委員会副委員長兼朝鮮労働党行政部長の失脚も、イデオロギー問題と緊密に連関していると私は見ています。それですから、金正恩の論文集『最後の勝利をめざして』(平壌、2013年)については、収録された全ての論文を、読書ノートで扱いたいと思っています。

【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol026の目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ No.60 「特定秘密保護法の成立」
 ■分析メモ No.61 「12月8日の『琉球新報』に掲載された翁長雄志・那覇市長のインタビュー」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.80 『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』
 ■読書ノート No.81 「偉大な金日成同志はわが党と人民の永遠なる領袖である――金日成同志の生誕一〇〇周年に際して発表した論文――(チュチェ一〇一[二〇一二]年四月二〇日」
 ■読書ノート No.82 『神皇正統記』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」
―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

読書ノート No.81

●金正恩「偉大な金日成同志はわが党と人民の永遠なる領袖である――金日成同志の生誕一〇〇周年に際して発表した論文――(チュチェ一〇一[二〇一二]年四月二〇日」(金正恩『最後の勝利をめざして』朝鮮・平壌外国文出版社、2013年に収録)

金正恩体制下で、金日成・金正日主義という形で、イデオロギー的再編が進んでいる。金正恩は、金日成の歴史的意義を以下のように整理する。

<偉大な金日成同志は二〇世紀の最も傑出した領袖であり、不世出の偉人である。

二〇世紀は自主性のための人民大衆の闘争において人類史にかつて見られなかった革命的変革の世紀であり、進歩と反動、社会主義と帝国主義との激烈な闘争の世紀であった。この激変の世紀は人民大衆の運命開拓と世界の政治史に痕跡を残した知名の政治家や偉人を輩出したが、金日成同志のように一〇年代の若年から八〇の高齢に至るまで長い間卓越した思想と指導、高邁な徳性によって人民の絶対的な支持と信頼を受け、二〇世紀を反帝自主偉業、社会主義偉業の勝利の世紀として輝かせた傑出した領袖、不世出の愛国者、偉大な革命家はいなかった。二〇世紀は名実ともに金日成同志の不滅の業績と偉人としての品格によって輝く金日成同志の世紀であった。

金日成同志は深遠な思想・理論と非凡な指導力、雄壮な革命実践によって祖国と人民、時代と革命に不滅の業績を残した最も傑出した領袖、希世の政治元老である。

金日成同志は抑圧され搾取された人民大衆を歴史の主人として推し立て、人民大衆の尊厳と価値を最上の境地で輝かせた偉大な人民の領袖である。

金日成同志の一生は以民為天を座右の銘とし、それを思想と指導に具現して現実として開花させた人民的領袖の崇高な一生であった。金日成同志にとって人民大衆は常に師であり、自身は人民の忠実な息子であった。金日成同志は人民の中に入ることから革命活動を開始し、その革命活動は常に人民大衆をよりどころにして行われ、その全課程は人民大衆の自主性を擁護し実現することに尽くされた。金日成同志によって、人民大衆の自主的要求と志向はそのまま思想・理論となり路線と政策となり、人民大衆に容易に理解され、彼らが進むべき運命開拓の真の道を示す最も革命的で科学的な指針がもたらされた。

金日成同志は革命と建設の主人は人民大衆であり、革命と建設を推し進める力も人民大衆にあるという革命の原理を信念とし、つねに人民の中に入って彼らの底知れない力と創造的知恵を汲み上げて、提起されるすべての問題を人民の要求と利益に即して解決していった。

人民に対する絶対的な信頼と献身は、金日成同志が歴史に類を見ない難問と試練を切り抜け、革命と建設において常に勝利をもたらした根本的秘訣であった。金日成同志は人民を信じ、人民大衆にしっかり依拠したがゆえに、革命の指導思想を創始し、前衛組織を結成し、軍隊を創建し、人民大衆を意識化、組織化する壮大な事業を同時に推し進めてチュチェ革命の新しい歴史を切り開き、ただ一度の路線上の錯誤や失敗もなく各段階の困難かつ複雑な革命闘争と建設事業を勝利の道に導いてくることができたのである。

今日この地に打ち立てられた不抜の社会主義強国と生々発展するチュチェの革命偉業は、金日成同志が人民という大地に種をまき、一生育んでもたらした貴い結実である。金日成同志を領袖として高く戴いたゆえに、かつて歴史の外に押しやられていた人民大衆が時代と歴史の中心に立って自己の運命を自らの力で切り開いていく歴史の新しい時代、チュチェの時代が開かれたのである。

金日成同志は自主の旗の下、朝鮮革命を百勝の道に導き、現代史を新たに開拓し輝かせた、卓抜した、洗練された革命の指導者である。

自主は金日成同志が一生堅持し具現してきた革命的信条であり、革命方式であり、革命の実践であった。金日成同志はすでに革命闘争の道を踏み出した初期に、非凡な英知と洞察力によって、自主性は人民大衆の生命、国と民族の生命であり、それを実現するためには時代と教条を排撃し、革命を自主的に、創造的に行わなければならないという革命の真理を明らかにした。金日成同志がはじめて自主の旗を掲げ、それを革命の原理、革命の方式として定立し具現したことは、人類の思想史と人民大衆の革命闘争史に特筆すべき歴史的出来事であった。>(45~48頁)

金日成主義と、マルクス、エンゲルス、レーニン、スターリンの遺産を完全に切り離している。マルクス・レーニン主義の延長に金日成を位置づけるのではなく、金日成は朝鮮に土着した政治家であるとの見方を示す。

さらに金正恩は、金日成の人格を重視し、こう述べる。・・・・・・

この続きは「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」でお読みいただけます。
なお、こちらのメルマガはお申込み月は無料でお試し読みができます。

>「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購入する
メルマガ表紙
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」

価格:1,080円(税込)
第2・第4水曜日配信+号外
「佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」」を購読する

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」最新の記事
佐藤 優の書籍紹介