経済の死角

2013年バカ売れした商品 2014年間違いなくヒットする商品

2013年12月12日(木) 週刊現代
週刊現代
upperline

株価の上昇や五輪招致決定で、市場にも活況の兆しが見えつつある2013年。今年ヒットした商品はいかにして消費者の心をとらえたのか。また、一足早く来年ヒットする商品を徹底予測する—。

コンビニが面白い

「年間販売総量7億杯超」—。'13年、爆発的に売れた飲料がある。何かお分かりだろうか。

1杯100円台の価格が受けて、いま愛好者が激増しているこの商品は、コンビニコーヒーだ。特に1月からセブン-イレブン・ジャパンが本格展開した「セブンカフェ」では、今年度の販売見込みは実に約4億5000万杯、売上高は一杯100円で計算してざっと450億円。冒頭の7億杯というのは、同社を含めたコンビニ大手5社(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ)の今年の販売見込み総量だ。

「コンビニコーヒーの効果でこのまま行けばコーヒーの国内消費量は過去最高となる可能性が高い。業界に地殻変動をもたらした商品です」(コンビニ業界関係者)

アベノミクスや東京五輪開催決定で活況を取り戻しつつある'13年、今年も数多くの大ヒット商品が生まれた。その一覧が次ページの表。これは各業界の専門家への取材を元に本誌が選んだものだ。この表を見ながらいくつかのキーワードをもとに、今年のヒット商品の傾向を探っていこう。

まず一つ目に挙げられるのが、今年特に活況を呈したコンビニの〈プライベートブランド〉(PB)。冒頭のコーヒーもその一つだ。コンビニジャーナリストの吉岡秀子氏が解説する。

「各社が質にこだわり、そして〝朝〟を狙ったことで、コンビニの淹れたてコーヒーが爆発的な支持を得ました。いままで朝にコーヒーを買う顧客はスターバックスなどコーヒー専門店に寄っていましたが、どこにでもあるコンビニで良質のものが手に入るということが、利用者にとっては大きな魅力になりました」

同様のPBでは、「金の食パン」もバカ売れした。こちらは1斤250円と、一般的な食パンのほぼ倍の価格ながら4月の発売開始から4ヵ月で1500万個を突破する売れ行き。業界内で〝食パンの既成概念を打ち破った〟と言われる。

「若者がメインに利用していた頃と比べると、いまのコンビニは〝大人の店〟にもなりました。金の食パンがヒットしたのはその象徴です。利便性だけでは訪れなかった、主婦やシニア世代など品質を求める消費者に満足してもらえる商品を展開し始めたのが大きいです」(前出・吉岡氏)

家電業界でも〈既成概念を打ち破った〉商品がヒットした。油を使わずに揚げ物を調理できるノンフライヤーが代表だ。商品ジャーナリストの北村森氏が語る。

次ページ 「キッチン家電は、住宅のわずか…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事