「再犯を減らすためには、マスコミと市民が変わらなくてはいけません」 ホリエモンが語る刑務所からの"社会復帰" 岡本茂樹 × 堀江貴文 【後編】
[左] 大谷広太氏(BLOGOS編集長)、[中] 堀江貴文氏(実業家)、[右] 岡本茂樹氏(立命館大学産業社会学部教授)
11月27日、BLOGOS×日本財団 ブロガーミーティング「ホリエモンが語る刑務所からの“社会復帰” ~堀江貴文 × 岡本茂樹対談~」が開催された。BLOGOS編集長大谷氏の司会のもと、今年3月に長野刑務所から仮釈放され、刑務所なう。』の著者でもある堀江氏、『反省させると犯罪者になります』の著者であり、刑務所の更生支援に長らく携わる岡本氏がそれぞれの立場で刑務所からの"社会復帰"について語った。当日の様子はニコニコ生放送でも中継された。

前編こちら

根本的なことをしないと何も変わりません

堀江: 今日はニコニコ生放送で中継していて、規律を保つためだから仕方ないとか、人が入るところだから、ルールを守らせるために細かいものを決めているというコメントもありますが、それについてはどう思いますか?

岡本: 刑務所側が規則や管理、秩序を最優先にしているとそういうことが出てくるんです。

堀江: そんなこと守ったとしても社会のルールとは違いますよね?

岡本: 刑務所は事故が起きないことを大事にしますから。更生とは真逆ですよね。

堀江: うちの工場は痴呆の老人もいて、メチャクチャでしたけどね。刑務所は朝ひげそりをしてはダメというルールがあったんですが、その老人はすぐ忘れちゃうんですよ。

岡本: 高齢者を担当するところは緩くなりますよね。

堀江: そうですよね。そこに関しては僕らもその分、緩くしてもらって楽だったんですけど。そんなことではなくて、根本的なことをしないと何も変わらないと思います。

僕の同僚の衛生係も、心の奥底がねじまがっていて、車上荒らしと強姦が趣味でした。なんでそんなことをするのかなと思うんですが、根本的な部分が変わってないので、刑務所から出て来たら再犯すると思います。