【農林水産 その3】 守りから攻めの発想へ転換を ~日本の農業を世界へ!

〔PHOTO〕gettyimages

人口減少社会である日本においては、農産物の国内市場を拡げようとしても限界があろう。一方で、グローバルに見れば、世界的な人口増加、新興国の所得水準の上昇などから、農産物市場は非常に有力な成長市場だといえる。

現在、世界の食の市場規模は340兆円で、2020年には680兆円に倍増すると予想されており、特に、アジアの成長がやはり大きい。中国・インドを含むアジア全体で考えると、市場規模は2009年の82兆円に比べ、2020年には229兆円と、約3倍増となる予想だ。

残念ながら、現状では原発事故の影響や円高によって輸出は大きく落ち込み、農林水産物・食品の輸出額は、約4500億円(2012年)に減少している。

しかし、幸いにも、日本食の人気はアジアでも欧米でも高い。日本食が世界無形文化遺産に登録されることも、日本食の世界的な人気の証左だろう。問題は、これらのブランド価値をどう輸出に結びつけられるかだ。戦略を間違わなければ、日本の農業は輸出産業として世界に打って出られるのだ。