世界経済 中国
アジアのことは中国と話して決める!? ますます中国寄りにシフトするアメリカと同盟国・日本の微妙な関係
〔PHOTO〕gettyimages

「バイデン副大統領は、スーザン・ライス安全保障担当大統領補佐官と並ぶホワイトハウスの『2大親中派』なので注意した方がいい。ワシントンでは、『オレが一番、習近平と親しい』と自慢げに吹聴しているような政治家だから」

ワシントン在住の知人から、こんなメッセージをもらった。たしかに、12月2日から6日までのバイデン米副大統領の日本・中国・韓国訪問で見えてきたのは、「オバマ政権下のアメリカは、同盟国の日本を守る国というより、自国の国益しか顧みない身勝手な国」というものだった。

「早く日中間でホットラインを作れ」

11月23日に中国が勝手に設定した防空識別圏を巡って、日中対立が激しさを増す中、日本は”仲裁役”として、というより極めて日本に判官贔屓してくれる仲裁役として、バイデン副大統領に期待を寄せていた。台頭する仮想敵国が物騒な挙に出たのだから、同盟国の味方に立ってくれるだろうと思ったのだ。

だがフタを開けてみれば、バイデン大統領は、日本が求めていた中国に対する「防衛識別圏の撤回を求める共同声明」を拒否した。これについては日本時間4日未明に、ヘーゲル国防長官も、「防衛識別圏自体に問題はない」と言い切った。

加えて、中国が設定した防衛識別圏の域内を通過するアメリカの民間航空会社が毎日、中国側に通行許可証を求める行為をやめさせることさえ拒否した。突き詰めて言えば、バイデン副大統領の主張は、「早く日中間でホットラインを作れ」ということだけだった。なぜなら、アメリカにとって、過度の日中友好も困るが、日中対立の進行もまた、自国の国益を損ねると判断しているのである。