「旧中曽根派同窓会」出席でささやかれる二階俊博・衆院予算委員長の〝野心〟
経済産業相時代の二階氏(2009年5月)。「復権」なるか [Photo] Bloomberg via Getty Images

特定秘密保護法案を巡る与野党激闘が参院国家安全保障特別委員会で繰り広げられていた12月4日夜、国会近くにある東京・紀尾井町のホテルニューオータニで今年5月に95歳を迎えた中曽根康弘元首相の祝賀会が開かれていた。

『読売新聞』(5日付朝刊)の見出しに「旧中曽根派〝再結集〟 元首相95歳祝賀、山崎氏も参加」とあったように、出席者の話によると、まるで旧中曽根派の「同窓会」のようだったという。

「珍念」こと山口敏夫元労相が仕掛けたとされる祝賀会には、渡辺美智雄元外相の旧渡辺派から分裂して山崎派を結成し、中曽根氏との確執が取り沙汰された山崎拓元幹事長を始め、伊吹文明衆院議長、自民党の石破茂幹事長、石原伸晃環境相、古屋圭司国家公安委員長、島村宣伸元農相、二階俊博衆院予算委員長、亀井静香元国民新党代表、渡辺喜美みんなの党代表らが出席した。

旧中曽根派の主だった人物で言えば、海外訪問中の村上正邦元労相と体調を崩している与謝野馨元官房長官の2人が欠席したぐらいだ。大盛会ということである。 

「安倍1強時代」の〝次〟を見据え、存在アピール?

筆者が、この「旧中曽根派同窓会」に注目するのには、もちろん理由がある。とりわけ二階俊博氏が出席したことだ。