[プロ野球]
上田哲之「究極の前田智徳論」

 この時期になると、毎年うんざりすることがある。FAをめぐるニュースである。いや、制度そのものをとやかく言うつもりはない。プロの入り口にドラフトという制度があるのだから、FAという制度は、いわば当然のものだろう。そういうことではなく、日本球界独特と思われる慣習が、どうにも気持ちよくないのだ。

 ほら、FAを宣言する際に、選手が必ず「他球団の評価も聞いてみたい」と言うでしょう。獲得に乗り出す球団の側は球団で「君を戦力として最大限評価している」とか言うらしい。そりゃそうだ。うそでもそう言う。その結果、選手は「高く評価してもらいました」と、大いに喜んでみせる。なんだかなぁ。

 なにしろ交渉ごとなのだから、球団側は選手を褒めるに決まっているし、ちょっと褒められたと言ってニヤニヤする一流選手というのも、興ざめではありませんか。FA宣言できる選手というのは、わざわざ他球団に褒めてもらうまでもなく、ひとかどの成績をあげているのだから。くどき文句の品評会をやっているわけでもあるまいに、この慣習は、もう少しなんとかなりませんかねぇ。

 それはさておき――。
 過日、所用で広島へ行った。書店やお土産店などを見ると、どこも前田智徳引退記念の赤いデザインの雑誌や書籍がうず高く積まれたコーナーができている。あらためて、前田という野球選手の人気の高さを思い知った。かく言う私自身も、これまでの人生で一番好きだった打者なので、つい、いろいろ買い込んでしまいました。

 では、前田智徳とは何だったのか。これについては既に、数多の論評が出ているので、ここでさらに付け加えることはないのかもしれない。天才かどうか、というありがちな話題は避けるとしても、打者として、内角の打ち方が際立っていたことは、間違いあるまい。

<内角をうまく打たれて、こういうスイングをする打者もいるんだと驚いたことがよくあった>(中日・山本昌の発言。『Number』11月28日号「その一撃は鬼神の如く」阿部珠樹)
 より詳しく説明すると、
<何より感心したのは内角球を打つ技術だ。普通ならファウルか空振りするはずの球を、逆にフェアゾーンに入れてくる。左打者のスライス。>(佐々岡真司氏の評論。「スポーツニッポン」10月4日付)

 他にも多くの証言がある。前田がインコースを芯でとらえて、きれいに振り切っていた、という印象は、どなたにもあるのではないだろうか。前田という打者をひと言で評すれば「美しかった」というのが私の持論なのだが、その原点は、インコース打ちの技術にあったのである。