[ボクシング]
近藤隆夫「ファンを騙して行われた“王座統一戦”」

~リボリオ・ソリスvs. 亀田大毅~

負ければ両王座空位のはずが……

 これは詐欺である。
「王座統一戦」の看板に偽りありだ。

 観る者は、すっかり騙されていた。
 12月3日、ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)で行われた「WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦」リボリオ・ソリスvs.亀田大毅のことである。

 事の発端は、決戦前日の計量でWBA王者のソリスがウェイトオーバーしたことにあった。2度目の計量でも1.1キロのオーバー。タイムリミットまで、まだ1時間あったにもかかわらず、「もうダメだ!」とばかりにペットボトルに入った水、コーラをガブ飲み。この時点でリオスはWBA王座を剥奪された。呆れたチャンピオンである。

 異常事態に、この後、関係者の間で協議が行われ、メディアには次のように発表された。
(1)試合は予定通り行う。グローブハンディはつけない。
(2)亀田が勝った場合は、王座を統一。
(3)リオスが勝った場合は、両王座を空位とする。
(4)引き分けならば、亀田はIBF王座防衛。WBA王座は空位。
 この取り決めは当日のソリスvs.亀田戦のテレビ中継の中でもファンに伝えられていた。

 試合結果は周知の通り、リオスの判定勝ち。減量に失敗したことからもわかるように、リオスのコンディションは決して万全ではなかった。初回、ボディブローを喰らうと、いきなり苦悶の表情を浮かべたほど。だが、亀田にも、そんなリオスを仕留める技術がない。強打を恐れず、打ち合う勇気もなかった。結局、リオスが終始、老獪さを見せつける形でポイントを奪い、勝利したのだ。