[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男監督「試合は戦場、厳しさを全面に」

Youは何しに高知へ?

 このたび地元・高知で監督をすることになりました。アイランドリーグとの関わりは昨年、高知の球団アドバイザー兼総合コーチに就任してから。それまで30年間、選手、コーチ、フロントでNPBにいた立場で携わってみると、アイランドリーグの環境は厳しいものがありました。待遇面に加え、コーチ陣の人数も少なく、ボールやバットなどの用具はNPBからお下がりをいただいて揃えている状態……。まだ高知には越知町に専用の練習場がある分、恵まれているのかもしれません。

 当然、野球のレベルは決して高くなく、いい素材は数えるほどです。しかし、それでも選手たちは「NPBに行きたい」という思いを持っています。NPBに長く身を置いた人間からすれば、プロはそんなに甘い世界ではありません。高校、大学、社会人の名門や強豪校で、どんなに活躍しても、プロに行けるのはチームで1年に1人か2人でしょう。アイランドリーグに来るのは、そういったエリートコースから外れた選手たち。NPBの門戸はさらに狭いと言えます。

 しかも独立リーグの選手たちには育成の時間的猶予がありません。これまでのケースでもわかるように、ドラフト指名を受けた多くの選手は1、2年で、このリーグを離れています。5年、6年かけて成長したところで、年齢的にNPB入りは難しくなってしまう現実があるのです。

 まず、アイランドリーグの選手たちには、このことをはっきりと自覚してもらわなくてはなりません。その上でテレビ番組のタイトルにちなめば、「Youは何しに高知へ?」という話になります。

「NPBに行きたい」と漠然と願うだけなら誰でもできることです。本気でNPBを目指すなら、自分は何が足りないのか、何をすべきか。ここを明確にする必要があります。もし打力をアピールしたいのであれば、最低でも四国で首位打者を獲って、4割近い打率を目指さないとNPBのスカウトには見向きもされないでしょう。足をアピールするなら、盗塁王を獲得するつもりで、ピッチャーのクセを盗んだり、走塁技術を磨くことが大切です。